ミステリーなコメディ恋愛漫画!『七つ屋志のぶの宝石匣』【おすすめ漫画】(感想レビュー)

ミステリーなコメディ恋愛漫画!『七つ屋志のぶの宝石匣』【おすすめ漫画】(感想レビュー)

 

f:id:softcandy:20190105180903j:plain

 『のだめカンタービレ』の著者である二ノ宮知子氏の連載中の作品『七つ屋志のぶの宝石匣』1~8巻を大人買いしました。

イケメン宝石外商の「北上顕定」と質屋・倉田屋で宝石の鑑定を任されている高校2年生の「倉田 志のぶ」を中心に物語が描かれていきます。

のだめカンタービレの「千秋」と「のだめ」の関係を彷彿とさせます。

「名家の跡取りとして生まれた北上顕定」は幼い頃、訳ありで倉田屋に質入れされ、預かり期間の3年を過ぎても家族が引き取りに来なかったため、倉田 志のぶと婚約させる契約が成立し、倉田家で質屋と宝石鑑定の技術を身につけ、カリスマ的な宝石外商へと成長したのでした。

宝石に興味が無かったんですが、何度も読んでるうちに北上顕定が自分のルーツを求める姿に家族がどうなったのか、 今後の展開はどうなっていくの!?

気になって、気になって、先を読みたくなる漫画です。

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC Kiss) [ 二ノ宮知子 ]
価格:463円(税込、送料無料) (2019/1/5時点)

楽天で購入

楽天KOBOで『七つ屋志のぶの宝石匣』を購入 したのですが、後でRebates(リーベイツ)経由で購入すれば1.5%の楽天ポイントをもらえたことを知って愕然!

いつの間に楽天KOBOがRebatesに加わっていたのだろう。 

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)

七つ屋志のぶの宝石匣(1) (KC KISS)

 

 ちょっとマニアックな宝石知識の部分もありますが、コメディタッチで描かれているので面白おかしく読めてしまいます。

正直に言えば1巻だけでは面白さがつかめないかも。

1~3巻くらいまで試し読みして欲しい作品です。

私は2巻の8話目の信子おばあちゃんが嫁、長女、次女に宝石を遺したエピソードが好きでした。

おばあちゃんの葬式で3人がモメにモメます。

「そっちの宝石のほうが高い!」とか、遺産相続でありがちな光景。

だけど最後には上手く丸くおさまって、なるほどなぁと思いました。

これ単発ドラマで放映出来そうな面白さ!

 2巻は宝石にまつわるエピソードが満載で、2巻だけでも読んでみて欲しいおすすめの漫画です。

七つ屋志のぶの宝石匣(2) (KC KISS)

七つ屋志のぶの宝石匣(2) (KC KISS)

 

 7巻の17話目では、北上顕定の「イカかっぱ王子」の過去が描かれていて、これまたいい話なんです。

北上顕定の家族に何が起きたのか?全くまだわかりませんが、段々と大きな存在が関わってきているような気配があり、今後の展開が楽しみです。