スポンサーリンク

セブンイレブンのロングセラー商品「中華丼」

 

セブンイレブンのロングセラー商品と知って「中華丼」を買ってみました。

f:id:softcandy:20210719074055j:plain

1/2日分の野菜!香ばし炒め野菜の中華丼(税込496.80円)

少しづつ改良を重ねている中華丼。

現在は在宅ワークでの需要が高まり、野菜多めが好まれる傾向なので、野菜たっぷりの中華丼に仕上げているそうです。


スポンサーリンク

 

f:id:softcandy:20210719074446j:plain

どんぶりに盛り直してみると、あんかけたっぷりで、なかなかのボリューム。

野菜もたくさん入ってます。

ヤングコーンはいらない。

美味しかったのでリピしました。

【懸垂バー 突っ張り】stan 懸垂バー(感想レビュー)

【懸垂バー 突っ張り】stan 懸垂バー(感想レビュー)

f:id:softcandy:20210726170653j:plain

 stan 懸垂バーを買いました。

懸垂バーってたくさん販売されているんですが、 stan の懸垂バーを選んだ理由は、

 

 stan ・懸垂バー特徴

・最大負荷150kg

・突っ張りでも、固定金具(2種)のどちらも可能

 ・365日保証付き(1注文につき1回まで無料で交換)

・価格もお手頃

   

 

Amazon限定ブランドの懸垂バーと悩みました。

最大負荷100kgとstanより50kg少ないですが、デザインがシンプル。

stan の懸垂バーより少し安い。

stanは楽天市場でも販売していてマラソンでポイント還元が大きかったので、stanにしました。

 

懸垂バーをどこに取り付けるか?

懸垂バーは場所を取らない代わりに、どこに取り付けるかが悩みでした。

レビューでは、ドア枠や壁が壊れたという感想が見られます。

 

我が家のドア枠ですが、

f:id:softcandy:20210726172135j:plain

これはきっと壊れる系のドア枠じゃないかな。。。

強度が無さそうです。 

  

ドア枠につけられなさそう。壁にもつけられなさそう。

それで懸垂バーを買うのを躊躇ってましたが、閃きました( ゚Д゚)

床の間は!?

f:id:softcandy:20210726175303j:plain
両脇に柱があるじゃない。

これなら固定金具で留められます。

床の間の幅は73㎝と懸垂バー(63㎝~100㎝)の許容範囲。

懸垂バーは100㎝までOKとなっていますが、最大で伸ばすと強度は下がるようです。

突っ張り棒を利用している人なら知ってると思うんですが、幅ギリギリでつけると、重さに耐えきれなくなって突っ張り棒が外れやすいんです。

だから幅73㎝は理想的だと思います。

 

床の間の上の部分が「落とし掛け」と言うんですが、これは掛け軸をかけたときに、ひっかけてる部分を見えなくするもので、DIYでこの部分を取ってしまって、クローゼットにする人もいます。

本格的にムキムキになって、顔をあげられるようになったら落とし掛けを取り壊すことも考えよう。

ぷらーんとぶら下がることしかできないので今はこのままにしてても問題ないでしょう。

 

ちなみにフィットネスチューブを使って、懸垂をフルレンジで練習すると良いそうです。

突っ張り懸垂バーでそれは負荷をかけすぎかもしれないなぁ。

  

f:id:softcandy:20210726173739j:plain

分厚いシリコンラバーがついてます。

 

stan 懸垂バーの取り付け方

軽く突っ張りできるところまで両脇を均等に伸ばしていく。

本体をまわして、突っ張らせる。

セーフティーロックを下ろす。

 

stan 懸垂バーの取り付け方は説明書も入っていて簡単だったんですが、 セーフティーロックのコツがよくわからない。

役に立ってるのかな。

f:id:softcandy:20210726174134j:plain

指で締めたら締めすぎちゃって回らなくなって、ネジザウルス登場。

簡単に緩められました。

 

 突っ張り懸垂バー『stan 懸垂バー』(感想レビュー)

 f:id:softcandy:20210726172858j:plain

柱と柱でも、ミシッと音がするくらい強力な突っ張りでした。

これ普通の家の壁なら壊れるのわかるかも。

壁の中の間柱部分に合わせて取り付ければ大丈夫かもしれません。

 

突っ張りだけの状態(固定金具使わず)でぶら下がってみました。

全体重をのせても大丈夫でした。

でも、本体が微妙にクルクル回ってるような。。。

先ほど懸垂バーの取り付け方で「本体をまわして、突っ張らせる」という工程があったんですが、ぶら下がると本体回るじゃん。

「締める」ほうへ回ってるならいいですが、「緩む」のほうへ回ってると、使用している間に落ちてくると思います。

反対側につけ直したら、回らなくなってうまく留まるようになりました。

きっちりつければかなり丈夫な感じ。

ぶら下がるのは全然大丈夫。

 

ぶら下がって足を上げて振動を加えてみること数回。

ずりずりーっと落ちてきました。

負荷がかかると落ちやすいみたいです。

でも、後でつけ直したら突っ張りだけでも大丈夫でした!

これで固定金具をつけたら余裕でしょう。

 

帰宅した家族に試してもらったところ、突っ張りだけでぶら下がるのは、ミシッと音がして怖くてできませんでした。

男性は固定金具をつけたほうが安心そうです。

柱の表面がツルツルしてて滑りやすいのかもしれません。

足をついたまま背伸びをするように使うだけでも、背中や脇がぐーんと伸びて「気持ちいい」とのことでした。 

 

 懸垂バーの効果

 

肩こりが酷く、とにかく体を伸ばしたい。

もう自力では全然伸びない。

そこで懸垂バーを健康ぶら下がり器的に使おうと思い買ったんですが、ぶら下がってみたら、肩こりがマシに!

首筋のハリも酷かったんですが、懸垂バーで筋を伸ばすことでラクになります。

健康ぶら下がり器のようにただぶら下がるというよりは、肩甲骨を引き寄せるように意識して胸を張ってぶら下がると、めちゃほぐれました。

丸まった肩も、整体で伸ばしてもらっているような効果を感じます。

パソコン作業していると、どうしても肩が前に丸まりやすんです。

ちょくちょく体を伸ばしに床の間に通いたいと思います。

 

Youtubeで懸垂動画ってたくさんUPされているのを今回、はじめて知って。

まったく懸垂ができない人が1年続けてマッチョになってたり。

その中でも好きなのが、この動画。

リビングに置いてるみたいで、洗濯物を干しに出るお母さんとかちょいちょい家族の気配がする隣でトレーニングしてるのが微笑ましい。

  

 

女性もじゃんじゃん懸垂してる動画がたくさんあります。

でも女性の懸垂と言えば『ターミネーター2』のサラコナー。

細マッチョでカッコイイ。 

 筋肉で太りにくい体を手に入れたいですが、全然懸垂できないので道のりは長そうです。