softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

初心者の震えも、上級者の迷いも「恋する心」に変わりはありません。「恋しくて」村上春樹

>

村上春樹さんが選んで訳した9編のラブ・ストーリー とご本人の 書き下ろし短編小説が掲載されている「恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES」を読みました。

一編を読み終えると、村上春樹さんの感想が掲載されていて、どうしてこの作品を選んだのか、ということがわかります。


恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES
村上春樹が選んで訳した9編のラブ・ストーリー + 書き下ろし短編小説

マイリー・メロイ 「愛し合う二人に代わって」
デヴィッド・クレーンズ 「テレサ
バイアス・ウルフ 「二人の少年と、一人の少女」
ぺーター・シュタム 「甘い夢を」
ローレン・グロフ 「L・デバードとアリエット」
リュドミラ・ぺトルシェフスカヤ 「薄暗い運命」
アリス・マンロー 「ジャック・ランダ・ホテル」
ジム・シェパード 「恋と水素」
リチャード・フォード 「モントリオールの恋人」
村上春樹恋するザムザ」(書き下ろし)

全10編収録


そこそこ厚みがあって、読みごたえがあります。

なんてことない話だったりするんですが、思いがけず余韻が残ったりして楽しめる作品集でした。

村上春樹さんの作品は「恋するザムザ」で、名前がグレゴール・ザムザで、その響きになんだかうっすら笑みが出てしまいました。

なんて、、、変な名前。(実際によくある名前だったら失礼な話だけど)

んー、最後に本人の感想を読んで、やはり元ネタはそうであったか、、、と思うような話で、ノルウェイの森のようなものでは無かったのが個人的には残念。

書いた本人が、恋愛甘苦度 甘味★★★/苦味★★ としているところに笑ってしまうのだけど。

その★を頼りにすると、「二人の少年と、一人の少女」が同じ恋愛甘苦度なのも興味深いです。

今回、ページを開いた途端、あぁ、ここ好きだなぁと思った中の表紙。

うっすら透けた紙が使用されています。

右側の朱色とのコントラストも美しいです。

今回の装幀は田中久子さん。

装画には竹久夢二の「黒船屋」がつかわれています。

これは竹久夢二の最高傑作と言われる美人画です。

11歳年下の画学生・笠井彦乃を思い、彼女をモデルに描いた作品で、「恋しくて」にぴったりです。

ふたりの恋愛ですが、、、残念な結果になったようです。

2人は、夢二の作品を売る「港屋」で出会いました。その頃既にたまきと別れていた夢二は、彦乃に強く惹かれます。しかし、彦乃の父親から反対され、2人は引き離されてしまいました。会えない間密かに文通を続けながら愛を育み、やがて2人は東京を離れ京都へ。ところが、そんな2人を悲しい運命が待ち受けていました。
ほどなくして彦乃に病が発覚し、彦乃は父親に連れ戻され、東京の病院に入院してしまったのです。引き離された夢二は、病院の近くにあった菊富士ホテルで彦乃の回復を待ちました。『黒船屋』が描かれたのはまさにその頃。夢二は、彦乃に会えない切なさの中でこの作品を描いたのです。


ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 (角川文庫)
夏をテーマに大島真寿美瀧羽麻子藤谷治森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、きらきら光る刹那を切り取った物語。

◆関連リンク
「フラニーとズーイ」 サリンジャー文学の傑作。村上春樹による新訳!
恋愛に不器用なはずの女性が実は・・・、恋愛中毒・山本 文緒
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上春樹を理解できない人はコレから読むといい
まあだいたい世界中どこにでも行けるんです。「辺境・近境」村上春樹
贅沢な恋人たち
誰かに恋したら、次にどうしたらよかったんだっけ「オトナの片思い」石田衣良、角田光代、橋本紡
サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3  村上春樹 感想
おおきなかぶ、むずかしいアボカド、村上春樹【読書感想】


もてない男―恋愛論を超えて (ちくま新書)
本書では「もてない男」の視点から、文学作品や漫画の言説を手がかりに、童貞喪失、嫉妬、強姦、夫婦のあり方に至るまでをみつめなおす。これまでの恋愛論がたどり着けなかった新境地を見事に展開した渾身の一冊。

広告を非表示にする