softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

カバンは濡れても中身は平気!防水インナーバッグ「ウルトラSIL ドライサック」


防水リュックを購入したものの、毎日背負うとなるとやはりグレゴリーのリュックが良いのです。ダマしダマしでやってきましたが、腰が「グレゴリーがいいんだよ!」と叫ぶのです。そこで、どうにかしてグレゴリーのリュックを使用できないか考え、インナーバックに防水のものを使用したらどうかな、と思い探しました。

それで見つけたのがウルトラSIL ドライサックです。重量50g、30DウルトラSILナイロンです。
あとで調べたら、ウルトラSIL ナノ ドライサックというのがあって、こちらのほうが布はさらに薄手になるようで15DウルトラSILナイロン。重量36gです。
どちらがいいかは使用目的によると思いますが、シルナイロンは極薄のナイロンにシリコンコーティングを施した布で、シルナイロンはもし破れた場合の修理ができないらしいとのこと。耐久性が必要なら、より厚いものを選んだほうがよさそうです。

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ウルトラSIL ナノ ドライサック 20L ライム 1700299
超コンパクト・超軽量
パイパロン製ロールトップ式密閉機能
パッキングしやすいなめらかで柔らかい素材
優れた耐久性を備えたシリコン処理コーヂュラ
究極の防水加工ポリウレタンコーティング
ダブルステッチ、テープシールの防水シーム
ウルトラSIL ナノ ドライサック

さて、さまざまなサイズがあるのですが、デイパックいっぱいになるように20Lのものを購入してみました。(サイズ25×61cm)
パッケージに「Editors Choice 2006」とあります。なんだろうと思って調べてみますと具体的なサイトは探せませんでしたが「A Backpacker magazine Editors' Choice Award Winner! 」という文章を発見。どうやらバックパッカー向け雑誌のエディターが選ぶ優秀な商品として2006年に選ばれたようです。


間口が大きいのが入れやすい!
iPadをソフトケースに入れて、さらにこちらの袋に入れようと思います。
薄手なので中身は透けて見えますが、袋に色がついているのでマシかな。

閉め方は、開閉部分をクルクルと巻きこんで、輪を作ってベルトでカチッと留めれます。この輪になった部分、手持ちになるので荷物を引っ張り出しやすい利点があります。考えられてるなぁ。
クルクル巻くのは手前か外側か悩んだのですが、パッケージの男性が外側(プリントされている側)に巻き巻きしていたので、そちらが正しいのかなと思います。

【総評】
軽くて、扱いやすい薄手の布です。そこまでシャカシャカしてないのが良い感じです。
雨の日に使用したレポは後日UPする予定です。

関連リンク
softcandy.hatenablog.com

広告を非表示にする