スポンサーリンク

業務用だけど自宅プリンター(在宅ワーク)にもおすすめ!Canon(キャノン)プリンター G6030 特大容量タンクGIGA TANK(ギガタンク)搭載プリンター複合機(プリント・コピー・スキャン)(使用感・感想レビュー)

Canon(キャノン)プリンター・G6030 特大容量タンクGIGA TANK(ギガタンク)搭載プリンター複合機(プリント・コピー・スキャン)(使用感・感想レビュー) 

 f:id:softcandy:20191222172039j:plain

キャノンのプリンターG6030を購入して約1年になりました。

新しくホワイトが出てました。

自宅にはホワイトのほうがインテリアに馴染むかも。

  

キャノンのプリンターG6030の良いところは、1枚あたりのインク単価が安い。

A4サイズ・モノクロ 1枚 約0.4円、カラー 1枚 約0.9円

 

インクボトル各色1本でブラック約6,000枚、カラー約7,700枚の出力が可能。  

業務用でカートリッジの容量もたっぷり。 

カートリッジ1本・約千円と安い。

Canon 純正 インクボトル GI-30C シアン

Canon 純正 インクボトル GI-30C シアン

  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: Personal Computers
 
Canon 純正 インクボトル GI-30Y イエロー

Canon 純正 インクボトル GI-30Y イエロー

  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: Personal Computers
 
Canon 純正 インクボトル GI-30M マゼンタ

Canon 純正 インクボトル GI-30M マゼンタ

  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: Personal Computers
 
Canon 純正 インクボトル GI-30PGBK ブラック

Canon 純正 インクボトル GI-30PGBK ブラック

  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: Personal Computers
 

   

G6030はプリントヘッドの交換ができる。

通常、家庭用複合機はヘッドが駄目になったら修理に出すか、買い替えるかになると思います。

G6030はプリントヘッドを買い替えれば良いので寿命が長そう。

Canon 純正 プリントヘッド CH-30

Canon 純正 プリントヘッド CH-30

  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: Personal Computers
 

 

Canon 純正 プリントヘッド BH-30

Canon 純正 プリントヘッド BH-30

  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: Personal Computers
 

 

プリンターにWi-Fiが内蔵されているので設定が簡単。

家庭内のインターネットのWi-Fiに繋がなくても良いのです。

有線が必要ないので見た目もスッキリ。

遠隔からプリントアウトでき、プリンターの置き場所も自在で便利。

 

◆実際に約1年使用して(感想レビュー)

 

Wi-Fiが内蔵プリンターで、iPhoneのメモをプリントアウトしたいときにも、すぐ繋がり便利でした。

両面プリントができ、紙代・送料の節約ができて便利でした。

普通紙 カセット250枚、郵便はがき 40枚(後トレイのみ)とたくさん紙をストックしておけるので、手間が省けてラクでした。

カートリッジが大容量なので、我が家では1年経ってもまだ残量があります。

Mymioのときの3倍以上、持ちが良い感覚でインク代の大幅節約になっています。

 

一度、インクが送れない不具合が出てカスタマーサポートに相談しました。

プリンターを動かしたときにインクを送るチューブに空気が入ってしまったようです。

インクリフレッシュシステムをして不具合はすぐに解決しました。

サポートセンターの対応も良かったです。

キヤノン:電話でのお問い合せ ビジネスインクジェットプリンター|MAXIFY/Gシリーズ

 

G6030で年賀状の宛て名を刷りました。

MyMioでは、引き出し式のトレイにセットして印刷していたのですが、何枚かに1枚はローラーで巻いた跡がついて不格好になっていました。

G6030は後ろトレイの差し込み式で、ハガキにローラーの跡がつくことはありませんでした。

40枚セットできるのは本当にラクでした。 

 

残念だったのは、

f:id:softcandy:20191222161609j:plain

電源オン・オフの手応えが悪くモヤッとします。

スイッチがオンになったのか、オフになったのか、すごく曖昧な反応。

 

また業務用プリンターならではですが、立ち上がりが遅いです。

G6030は業務用プリンターとは言え、家庭用プリンター並みの大きさなので、そんなに時間かかる?って思ってしまいますが、

「お前はやる気が出るまで時間がかかるタイプなんだな」

と思えば、その気持ちはわからなくもなく待てます。

なので、1枚だけサクッと出したいときには、ちょっと不便。

 

あと、前面部を斜めに開かないと印刷できない仕組みが地味に面倒です。

顎クイ気分で全面パネルを持ち上げると、ちょっと楽しい。

 

少し不便だと感じる部分がコスト削減されているポイントだと思います。

だからGシリーズはビジネスモデルでありながらも買いやすい価格なのではないでしょうか。

マイナスポイントをいくつかあげましたが、業務用でありながら本体価格の買いやすさ、コスパの良さ、印刷のしやすさ、サイズのコンパクトさなどG6030に満足しています。

 

私がブログを読んでいる70代の男性(Aさん)がいます。

Aさんが同人誌を作成していまして、使用しているプリンターが、キャノン・TS5030(2016年モデル)とわかりました。

後継機である新しい品番はG5030

 

Canon プリンター A4インクジェット 特大容量ギガタンク搭載 G5030

Canon プリンター A4インクジェット 特大容量ギガタンク搭載 G5030

  • 発売日: 2019/06/06
  • メディア: Personal Computers
 

G5030は、G6030と同じ特大容量タンク・ギガタンクを使用します。

違いは、G6030にはスキャナーとコピー機能がついています。

 

Aさんは、

A5・108ページ、表裏印刷、80部を制作。

インク(互換インク)4個 6千円使用、 

製本テープなど含めて合計2万円で同人誌を作ったとありました。

Aさんの同人誌は主に文章らしく、仲間内で披露しあってるようです。

漫画などの同人誌をコミティアなどで販売するのは知っていますが、仲間内だけで披露する同人誌ってあるんですね。

学校の文集に近い感覚なのかな。

 

G5030(G6030)でコスト計算したところ(モノクロA41枚0.4円で計算)、インク代3456円。

前モデルTS5030のほぼ半額のインク代で済むことがわかりました。

印刷スピードはさほど変わりません。

朝8時~夜10時までフル稼働させて40部刷れるそうです。

  

今後たくさん同人誌を作成するなら、前モデルTS5030からG5030に買い替えたほうが、長い目で見ればコストダウンになります。

しかし、4年前の前モデルも悪くないコスパだと思います。

キャノンのGシリーズはコスパに優れていると思いますし、旧モデルを長く使い続けてもお得に感じたので、節約を心がけているフリーの方にもおすすめです。

G6030は両面プリントできるお手頃なプリンターだと思います。