新商品!ホットチキンウイングをいただきます! コストコ  感想&評価


お惣菜コーナーに新商品の文字を見つけて、どれどれと覗き込むと「ホットチキンウイング」とありました。チキンがごろごろ入っています。みなさんも気になっているようでちょこちょこ覗いて、奥さんと相談する夫さんや、夫さんと相談する奥さんを見かけましたよ。みんな相談して購入するかどうか考えているようです。100グラム105円の品ですが、ほとんど1200円前後(1200g程度)でパックされていて、1000円を超える金額で購入を悩まれているようでした。と言うのも、他にもチキンの惣菜があり、ロティサリチキン(小さい鶏まるごと1匹)698円、グリルチキンレッグ6本入998円とリーズナブルなのです。

蓋を開けるとこんな感じで、チキンをざっと数えると17本くらいでした。1本あたり71.6円也。付属のソースは何味かと思ったら、うーん、これはシーザーサラダについているソースと同じな気がします。チーズたっぷりクリーミィーなソース。色がタンドリーチキンのようだったので、ヨーグルト系のさっぱりしたソースかと思っていました。もしくはマヨネーズのようなソースかと。前回の新商品に引き続き、今回も他の商品から引用してきたのかななぁ。新商品って新しい味を求めてしまうから、類似したものが混じっているのは、やっぱりガッカリしてしまいます。

電子レンジの加熱でOKとありますが、私は表面がカリカリしてる方が好きなのでトースターで焼きました。手前のチキンにソースをかけてみました。

                                                                                                                                                    • -

■ホットチキンウイングの感想
蓋を開けてみると、ぷわーんと香辛料の香りが漂います。温めたらより匂いが広がって食欲をそそります。チキンにかぶりついてみると、お肉が柔らかいです。そして後からジワジワと辛さがやってきます。辛いなぁ、と思いつつ、もう1本。うーん、不思議な辛さだなぁ、もう1本。危ない!全部温めてたら、きっと食べてました!次から次へと手が伸びるチキンです。ビールとも合うでしょうね。辛いので、大人向けの惣菜だとは思いますが、付属のチーズこってりソースをかけると、あーら不思議、辛さがマイルドになって、こってりとした何とも言えないアメリカンな味に変身です。辛いのが苦手な人用につけたソースなのか、はたまたこのようなホットチキンウイングにはよく付属する定番のソースなのか?私は辛い方が好きなので、つけないほうが美味しいです。ソースはサラダに使うことになりそうです。
骨付きとは言え1キロちょっとのチキンが入って1200円。お肉もひとつひとつが小さいので冷凍しやすく、小分けに食べることも可能です。また、カレーやスープに入れてアレンジして食べてもおいしそう。好みのわかれそうな癖のある味ですが、私は、多分あっという間に食べちゃうと思いますので冷凍はしないと思います。


カレーに関する幅広い話題を集めた本格的なカレー専門誌。「横濱カレーミュージアム」初代名誉館長・小野員裕氏が企画執筆する筋金入りカレーマニアも思わず納得の内容「CDジャーナルムック 100%CURRY」
有名店だけじゃない! 戦慄のカレー屋ガイド。もう食べられないあの味をもう一度。 あのマンガのカレーを作ったら、やっぱりウマかった! ? 華麗なる食卓編。初心者でも失敗しない スパイスだけで作るインド式チキンカレーの作り方。小野員裕氏はスーパーでも見かける鳥肌の立つカレーチキンカレーを手掛けた人物でもある。