読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

豚挽肉赤身80%


豚挽肉赤身80% アメリカ 国産 (100g53円) 1600g860円

 

コストコではじめて見たときは驚愕した挽肉の安さと量。「見て!見て!」と旦那さんを引き寄せる奥さんを今でもたまに見かけます。

 

こんなに食べれるかしら、と思いますが、冷凍したらいいのです。

区切りがついてあるひと塊は、単純計算で1600g÷6区切=1区切、266gほどになるなぁ、と適当にラップをしていきます。

 


 ほかの挽肉で解凍肉使用と書いてあることもあるのですが、こちらの豚肉挽肉は書いてないところみると、生肉を挽肉にしてあるかと。アメリカ産の豚肉は、あの真空パックになったやつを使っているのでしょうか。

 

それにしても「赤身80%」って表示、スーパーでは見ないような?

普通の挽肉の赤身パーセンテージ具合がわからないので、これが多いか少ないのかわかりませんが、挽肉のツヤが良くおいしそう!

 

味はジューシーで美味しいです。

豚挽肉は使いやすいので、冷凍庫にストックがあると便利です。

 

■3人の料理人が教える使える豚肉レシピ

 

 

使える豚肉レシピ: 薄切り肉も、厚切り肉も、塊肉、挽き肉もおまかせ。和・洋・中100品

 覚えておきたい基本料理から、プロならではのアイデア料理まで盛りだくさん。
メインのおかずはもちろん、ごはんや麺、汁物、そして酒の肴むきの料理も多くあり、豚肉料理のレパートリーが一気に増えます!

 

 

広告を非表示にする