読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

東芝TW-G500ドラム式洗濯乾燥機ZABOONの感想&評価 2回目


去年の3月にレポした東芝 ZABOON TW-G500。そろそろもう一度使い心地の感想を書こうと思います。我が家の使用状況は1日2回以上で、乾燥まで365日かけます。天日干しは基本しません。ジーンズやセーターくらいです。

                                                                                  • -

■音
以前に使用していた洗濯乾燥機よりも脱水の音は静かです。しかしあくまでもドラム式乾燥機の中ではかなり静かという意味なので、初めての人には音が大きいと感じるかもしれません。価格コムでのレビューでも音が静か、と好評です。

                                                                                  • -

■少量洗濯出来るのは便利
以前の洗濯機では少量でまわすとエラーが出ていましたが、この洗濯機は一度もありませんので便利です。例えば、セーターなど干したいモノを貯めずに洗うことができるのがうれしいです。

                                                                                • -

■乾燥
洗濯機上部と下部にゴミ取フィルターがあります。写真は下部フィルターのゴミを取っているところ。形状がゴミを取りにくくしていて、毎回ティッシュを使っての掃除です。上部も同様にティッシュなどでふき取ります。洗い流した場合、配水管が詰まる恐れがありますのでティッシュを使用してゴミ箱に屑を捨てているのですが、消耗品費用がかかるのはマイナス要因。また、固定フィルターのほうは洗い流すことはできませんし、さらに奥の配管部分も時折掃除しておかないと、ゴミが詰まり乾燥しなくなります。価格コムでのレビューを読むと、ゴミが詰まっていた為に「乾燥フィルター・ケース変形」が起こり、1年のうちに2回ケースを交換してもらった事例がありました。我が家はゴミを毎回処理しているにもかかわらず、フィルターの奥の配管の方で詰まってしまったため、業者さんに一部を分解してもらい、掃除をしてもらわなければなりませんでした。このゴミが詰まっている間、時間をかけて洗濯機を回しても乾かないので苦労しました。昔は空気を送るところが塞がっても、ガンガン乾燥を続けるために内部の部品が溶けるおとがあったそうですが、今は熱くならないようになっているそうです。でも、ぬるい温度で乾燥を回されても意味ないじゃん?エラーで止まるよりはマシなのか?この先も、ふたたび同じことが起きたときに業者さんを呼ぶことを考えると億劫になりますが、通常の家庭ではそこまで詰まらないみたいです。みなさんの家では乾燥までかけることが少ないのでしょうか?それから、洗濯乾燥が終わり、まだ中が熱い状態のまま洗濯乾燥機をふたたび動かすと、水を使わずにドラムが回り始めます。洗濯機を交換してもらっても毎回同じ現象が起きたので現在は冷えてから使うようにしています。でも、これは症状が出ていても「ゆすぎ」の時には水が出て、乾燥まで出来ちゃうので、洗えているように見えるので気づいてない人も多いのではないかと思います。我が家も何度か洗って、あれ?洗剤が落ちてない気がする、ってことで気が付いて、洗濯機の前に立って観察してはじめてわかったのですから。

                                                                                • -

■総評
「洗濯」に関しては水量も少ないし、脱水の音も静かだし、今まで特にエラーが出ておらず、優秀だと思います。実際、日立は故障が少ないと書き込みをしている人がちらほらいました。「乾燥」に関しては、改善の余地があると感じます。洗濯乾燥機を購入しても、普段は天日干しされている家庭が多いようなのですが、花粉や黄砂、空気汚染を考えるとこれから「乾燥」を使用する家庭も増えてくると思いますので、もっと強靭な乾燥環境を整えて欲しいと思います。そうでなければ、ドラム式洗濯乾燥機を購入した意味がないなぁ、と私は思うわけです。

広告を非表示にする