レターパックプラス(郵便局)といいライバル!?宅急便コンパクト(ヤマト運輸)を使ってみた。(感想レビュー)

宅急便コンパクト(ヤマト運輸)を使ってみた。(感想レビュー)

f:id:softcandy:20190419142934j:plain

宅急便コンパクト(ヤマト運輸)をご存知ですか?

宅急便の最小サイズは60サイズなんですが、それよりも小さな荷物をちょっとお安く配送できるのが『宅急便コンパクト』です。

宅急便コンパクトには2種類あるのですが、今回は箱型の

宅急便コンパクト専用BOX (たて)20cm(よこ)25cm(高さ)5cm 

 を紹介したいと思います。

郵便局のレターパックプラス(510円)といいライバルだと思ったので、配送の参考になればと思います。


スポンサーリンク

 

f:id:softcandy:20190419143405j:plain

宅急便コンパクト専用BOXを組み立てます。

組み立て方がイラスト付きでわかりやすく、簡単に組み立てることができました。

この箱はコンビニエンスストアファミリーマートセブンイレブンなど)、ヤマト運輸の営業所で購入できます。

担当セールスドライバーから(5枚以上)自宅に届けてもらうこともできます。

20枚以上になりますがAmazonでも販売しています。 

1枚65円(税込)かかるので、レターパックプラスは箱代込みとあって、この点はレターパックプラスのほうが便利ですね。

f:id:softcandy:20190419143504j:plain

大きさは(たて)20cm(よこ)25cm(高さ)5cm 。

コミックが6冊程入ります。

重さ制限は特に無いです。

レターパックプラスは4㎏以内の制限があるので、重いものを送るのに宅急便コンパクトは便利です。

また配送の際に注意事項として『ワレモノ、下積厳禁、天地無用、ナマモノ』などをお願いすることができます。

レターパックプラスではワレモノ指定などはできませんので、宅急便コンパクトが便利です。

時間指定が可能なのもうれしい。

 

f:id:softcandy:20190419144630j:plain

宅急便コンパクトには専用の送り状があります。

これは発払い用ですが、着払い用の伝票も用意があります。

コンビニでお願いしたのですが、店員さんは専用の送り状があることを知らず、別の店員さんが会話に気がついて「宅急便コンパクトの送り状はこれ!」と教えていました。

いろいろあるもんねぇ。

店員さんも覚えきれてないことがあるので、気をつけましょう。


スポンサーリンク

 

宅急便コンパクトの送料(例)は、

関東→関東 594円(60サイズは907円、ゆうパック60サイズは800円)

関東→関西 648円(60サイズは1015円、ゆうパック60サイズは950円)

関東→北海道 810円(60サイズは1339円、ゆうパック60サイズは1280円)

という感じ。

これに持ち込み割引(100円)や、クロネコメンバー割引を併用するともう少し安くなります。

コンビニで出すだけで持ち込み割引されます。

宅急便と比べて安い!

 

宅急便コンパクトを最大限に利用するなら、ヤフオクやメリカリのオークションの出品で、宅急便コンパクトの送料を出品者負担にすることだと思います。

全国一律380円で送れるんです。 

入札を検討する人が多くなると思います。