スポンサーリンク

疲れやすい、胃腸が弱い。肝臓が弱ってるせいかも。夏の疲れ対策『レバウルソ 』感想レビュー

 

連日の猛暑でぐったりで、いつ倒れてもおかしくなかった今年の夏。

疲れやすいし、胃腸も弱ってると感じます。

逆流性食道炎を患ってから胃腸が弱いです。

朝に起きられないレベルにどんどん疲れがシフトしているなと思ったので危険を感じて、ふと数年前の健康診断で、肝臓の数値が少し悪かったことを想い出しました。

お酒は飲まないんですが、ストレスでも肝臓は弱ると知り思い当たる!

冬から春にかけて大きなストレスがあったので、肝臓が弱ってるかもしれない。 

 

肝臓が弱ると、肝臓で生成される消化液である胆汁の流れが悪くなります。

胆汁は脂肪の消化吸収に重要な役割を果たすので、うまく機能しないと脂っこいモノがもたれるようになります。

それってつまり、消化に体力を奪われて体が疲れやすくなる → 朝起きられない、ってことか?

そこでレバウルソを試すことにしました。

 

f:id:softcandy:20210903005140j:plain

5日程で効果を感じたという口コミを見ました。

肝臓が弱ってる人にはすぐ効果を感じられるようです。

レバウルソにした理由は肝臓系のサプリとしては価格がリーズナブルで続けやすい、成分も良いと感じました。

私が見たときは2千円以下だったんですが、価格に上下があるかもしれません。

 

レバウルソ詳細

成分・肝臓水解物600mg、ウルソデオキシコール酸50mg、リボフラビンビタミンB2)12mg

 効能 滋養強壮。虚弱体質。肉体疲労・病中病後・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給。

用法・用量成人(15才以上)1回3錠、1日2回朝夕に服用 

180錠で30日分ですね。

 ウルソデオキシコール酸は胆汁の流れをよくして、胆石を溶かします。

 

他にも種類があって、

レバウルソゴールドにはケイヒ、ショウキョウ末などの漢方、L-システインで体の代謝を高め滋養強壮に効果が出やすくなるよう配合されています。

ゴマやビール酵母などによく含まれるジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンで肝臓の働きをサポートします。

 

レバウルソドリンクGは梅風味のドリンクタイプの滋養強壮剤です。

 

レバウルソドリンクはグレープフルーツ風味のドリンクタイプの滋養強壮剤です。

 

レバウルソを試した感想

 

2瓶試して「特に変わりは無いな」という感じだったので止めてみました。

そしたら「なんだか胃の調子が悪いな」と思うようになって、

ハッ!!レバウルソが効いてたのか( ゚Д゚)

ここで自覚しました。

慌ててレバウルソを追加購入しました。

猛暑にもかかわらず乗り切れたのはレバウルソを飲んでいたからかも。

効能に滋養強壮、発熱性消耗性疾患とあるので、コロナワクチン予防接種の副反応にも良いかなとも思いました。