SONY(ソニー) α7Ⅱ(感想レビュー/評価) Nikonユーザー(一眼レフ)だけどミラーレスのフルサイズ機を買った理由

SONY(ソニー) α7Ⅱを選んだ理由(感想レビュー/評価)

f:id:softcandy:20180306163909j:plain

Nikonのフルサイズ一眼レフを持っています。

やっぱりキレイ。適当に撮ってもそれなりに画になる写真が撮れてめちゃくちゃ楽しいです。

外出先で気の向くままに撮りたいなと思うのですが、いかんせんフルサイズ一眼レフは重い。

そこで一緒に外出できそうな身軽なカメラで、キレイに撮れるヤツを探してAPS-C機に手をだしたわけですが、フルサイズを知ってる身には物足りず。

そしてフルサイズでミラーレス一眼のαシリーズが評判が良いのを聞きつけて、今回、SONY(ソニー) α7Ⅱを購入しました。
 

フルサイズカメラとして世界初5軸ボディ内手ブレ補正を搭載

2430万画素、常用ISO100-25600、重量556g

α7Ⅲの発売(2018年3月23日)の発表を受けて値下がりを機に購入。

 

SONY(ソニー)本当はα7S II(ILCE-7SM2)欲しかった理由(感想レビュー/評価)

 

1220万画素、ISO感度上限409600 、重量584g。

 予算が許せば本当はα7SⅡ(ILCE-7SM2)が欲しかったです。

 画素数は高くありませんが、ISO感度がべらぼうに高い。

つまり、暗いところでもキレイに撮りやすいのです。

例えば、星を撮る人や、夜間の撮影などに向いてます。

 

SONY(ソニー) α7Ⅱを使用してみた(感想レビュー/評価)

 

f:id:softcandy:20180308130839j:plain

レンズはSEL15F18F、フラッシュはHVL-F32M にしました。 

オートホワイトバランスを使用して撮影したところ、おぉ!設定しなくてもホワイトバランスオートでもそこそこの色味で撮れるのでそのまま使えます。

今までオートホワイトバランスは好みで無いことが多く自分で設定をしていたんですが、これならもうオートホワイトバランスで撮ってしまって良さそうです。

肌をキレイに見せるモードで撮影したところ、本当に肌がキレイになりました!

結婚式や集合写真などで、撮られた側も喜ぶ写真が撮れますよ。 

適したモードに切り替えればそれなりにキレイに撮れますので、写真の知識が浅くても、思いどうりの写真が撮れるのではないでしょうか。

フルサイズカメラとして世界初5軸ボディ内手ブレ補正を搭載しているので写真がボケちゃうミスもほとんど起こらないでしょう。

 ISO感度が[ISO AUTO]時に自動設定される範囲を変更するには [ISO AUTO]を選択したときにコントロールホイールのを押して、 [ISO AUTO 上限]、[ISO AUTO 下限]を選んで希望の数値を設定することができます。

カメラのデザインですが、昔を知っている人に懐かしいカメラを彷彿させ、シャッター音もカシャッと懐かしい音寄りだと思います。

もしも高齢な方がカメラをはじめるのであれば、α7シリーズはしっくりくるかもしれません。

片手に収まる感じといい、街歩きにぶらっと持ち出したくなるカメラです。

購入してから毎日持ち歩いてますよ!

いろいろ口コミを読んで評判が良いのは知っていましたが、想像以上に良かったです。

身軽でキレイに撮れるカメラをお探しならおすすめです。 

f:id:softcandy:20180311215004j:plain

アプリを使ってWi-Fiで画像を転送することができます。

画像サイズを選べるので、本体では高画質(エクストラファイン)で撮っておいて、スマホにはキレイなまま画像を圧縮して飛ばすことができて便利! 

撮った写真をインスタグラムやお店のHPにアップするのも簡単ですし、画像をとりあえず転送しておけば、万が一、元データが壊れたときの保険にもなります。

 

SONY(ソニー) α7Ⅱのチルト液晶(感想レビュー/評価)

f:id:softcandy:20180311124533j:plain

α7Ⅱはチルト液晶、、、可動範囲が狭いです。

f:id:softcandy:20170802232135j:plain 

EOS Kiss X9では、ぐるっと回転させられるバリアングル液晶なので自撮りもできました。

α7Ⅱはフルハイビジョン動画が撮れますが、自撮り向きではないためYoutuberに不人気です。

私は自撮りをしないので構わないのですが、カメラを趣味にされている方の中にはバリアングル液晶を駆使して写真を撮られる方もいらっしゃるので、注意ポイントだと思います。

 

SONY(ソニー) α7Ⅱの収納ケース(感想レビュー/評価)

 

f:id:softcandy:20170804104216j:plain

キャノン・EOS Kiss X9のカメラケースに購入した Lowepro カメラバッグ アドベンチュラTLZ 20 をそのままα7Ⅱに使用していますが、サイズ的にはちょっと余ってます。

それほどα7Ⅱはコンパクトです。

【国内正規品】Lowepro カメラバッグ アドベンチュラTLZ 20 2 1.6L ブラック 368684

【国内正規品】Lowepro カメラバッグ アドベンチュラTLZ 20 2 1.6L ブラック 368684

 

α7Ⅱ用のソフトキャリングケース・ACC-FW1Aもあって、めちゃくちゃデザインが似てるんですが(笑)買い換えようと思います。

E 18-200mm F3.5-6.3 OSSレンズまたはE 55-210mm F4.5-6.3 OSSレンズのサイズまで装着したまま収納可能。(セット販売のズームレンズキットのまま入る)

前ポケットにバッテリーを収納、側面ポケットにレンズカバーを収納できます。

 

 いかにもカメラなキャリングケースもあり、少々お高いですが、かっこいいです。

 

レンズをもう1本持ち歩くなら、バッグインバッグタイプのケースがおすすめです。