キャノン「EOS Kiss X9」を売ってAPS-C機とサヨウナラ、そのお金で買ったカメラとは(感想レビュー)

キャノン「EOS Kiss X9」を売ってAPS-C機とサヨウナラしました。

 

f:id:softcandy:20180219140153j:plain

先日、キャノン・EOS Kiss X9に明るいレンズが欲しくて、SIGMA(シグマ)レンズ・30mm F1.4DC HSM Artを購入しました。

ネットの口コミではキャノン・EOS Kiss X9SIGMA(シグマ)レンズ・30mm F1.4DC HSM Artを装着して満足されている方を多く見かけていたんですが、やはりフルサイズ機の画質を知ってるのでAPS-C機では満足できない、という結論に至りました

よって、キャノン・EOS Kiss X9を売ってAPS-C機とサヨウナラしました。

 

今が買い時!ソニー・α(アルファ)7Ⅱを購入

 

f:id:softcandy:20180305110436j:plain

常備カメラで小さくて軽い本体が欲しいという条件を譲らず、フルサイズ機。

それで選んだのがソニーのα(アルファ)7Ⅱです。

実はα7Ⅲが2018年3月23日に新発売されると発表があったんですね。

それを受けてα7Ⅱの相場価格が下がり、今が買い時!と走りました。

ソニーのα(アルファ)7Ⅱは一眼レフのサブ機として使用しているプロカメラマンも多く、クレイジージャーニーの佐藤健寿氏は 同じαシリーズでも高解像度の上位機種 α7R II を使っています。

ハイエナに噛まれてました。

 ソニーのα(アルファ)7Ⅱについては後日UPします。