softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

大泉洋さんレシピ(納豆カルボナーラ)美味しくてびっくり。男子ごはん


国分太一さん、栗原心平さんのお料理番組「男子ごはん」にゲスト出演した大泉洋さんが納豆カルボナーラを披露しました。

納豆カルボナーラ

私はパスタに納豆を使うこと自体驚きだったんですが、検索してみるとクックパッドにもたくさんレシピがアップされていて、いたって普通に家庭で食べられているお料理なよう。へー。

大泉洋さんのレシピは自分で食べて感激したという、北海道で実際に納豆カルボナーラを出しているお店から教えてもらったもの。

ですが、大泉洋さんはそのレシピにフランベをしたいから、という理由でコアントローを追加しています。(コアントローを初めて知りました)

オフィシャルサイトにレシピがアップされていますが、お店のレシピだけあって家の冷蔵庫に常備してないものがチラホラあります。

そこで、家にある材料でできるようにアレンジをして作ってみました。

これが思いがけず美味しくって!

納豆パスタって美味しかったんだー!発見です!


男子ごはんの本 その6
掲載レシピ数、100以上! 過去5作同様、料理写真はすべて国分太一が撮影!

書籍限定スペシャル企画
「島国にっぽん食べつくし! 男子ごはん的 男のロマン旅―長崎県上五島編―」
2014年1月、「島ならではの食材を堪能したい! 」と太一、心平が1泊2日のグルメ旅へ出発。向かった先は、長崎県の最西端、上五島。海上時化のため現地に渡る船が欠航したことをはじめ、旅の冒頭からハプニングに見舞われる中、2人が感激した数々の“美味しくて、楽しい出会い"とは――!?
新鮮な魚介類を肴に杯を酌み交わした宿でのしっぽり宴会、知る人ぞ知る地元漁師さんのスポット“屋台(やだい)"での豪快バーベキューなど、上五島の食の魅力を余すところなくお届けする、旅の記録集。

材料(2名分)

・パスタ 200g
・塩  大さじ1 (パスタを茹でるお湯にいれるもの)

・納豆 2パック (我が家はおかめ納豆)
・牛乳 150cc〜300cc (美味しい牛乳ほどクオリティが高く仕上がります)
だし醤油 大さじ1 (醤油に別途だしを加えてもらっても良いです)
・みじん切りにんにく 大さじ1
・パルミジャーノ 適量 
・オリーブ油 適量
・卵黄 2個

大泉洋さんのレシピよりも材料は少ないのと、牛乳では無く、本当は生クリームです。

作り方

1 オリーブオイルでニンニクに火を入れる

2 醤油を追加し、焦がして香ばしくさせる

3 牛乳を入れる

4 別鍋でスパゲティをゆでる

5 スパゲティが茹る直前にソースに納豆を入れる

6 火を止め、ソースにスパゲティを入れる

7 卵黄を入れからめる

8 皿に盛りつけてからパルミジャーノをかける。

 ※黒コショウはお好みで


納豆合う〜!

牛乳では無く、生クリームで作ったほうが もっと美味しいんだろうなぁとは思いますが、生クリームってすぐに傷むし、絶対に使うぞ!って時しか購入しないから、特別な日は生クリームで作って、普段は牛乳で代用しようと思います。

パルミジャーノは自分ですりおろすタイプが美味しいと思いますが、それもやっぱりハードルが高い!ので、粉状になっているタイプを常備しておくと便利だと思います。

オムレツに入れたりもできますし、1本あると活用できますのでおすすめです。


ロリーナ パルメザンチーズ
60年以上に亘りハードチーズのトップとして、酪農からチーズの製造までを一貫しています
原料チーズは常時最低でも10ヵ月間熟成させてから粉チーズに加工するので、チーズ本来の香りが高いです。

大泉洋さんってグルメなんですね〜。

そう言えば番組「おにぎり温めますか」でも食べ歩きしてますし、水曜どうでしょうでこだわりシェフキャラで料理も披露してますし、食べることが好きなんでしょうね。


大泉エッセイ ~僕が綴った16年 (ダ・ヴィンチブックス)
大泉洋本人執筆による、大泉洋の素顔の16年間が詰まった、笑って泣けるエッセイ集。

関連リンク
生クリームを使用しない本場イタリアの「カルボナーラの作り方」
まっちんのおやつ「本わらびもち」「大地のどらやき」ツバメヤ岐阜柳ケ瀬をお取り寄せしてみました。
いももち・北海道郷土料理を作ってみる(レシピ)
名古屋の地元民でいっぱいの激辛ラーメン「味仙」台湾ラーメン
金沢兼六園 末広堂のうすかわまんじゅう 饅頭屋長次郎と大泉洋
本日はちょっと贅沢に。モンシュシュ・堂島ロールフルーツ入り

広告を非表示にする