スポンサーリンク

2024年5月新発売!通勤中の読書に最適。カラー対応の電子書籍リーダー『Kobo Libra Colour 7インチ』(感想レビュー)『BOOX Tab Ultra C 10.3インチ』比較

Kobo Libra Colour 7インチ(感想レビュー)

楽天グループのRakuten Kobo Inc.は、『Kobo Libra Colour(32GB)』『Kobo Clara Colour(16GB)』『Kobo Clara BW(16GB)』の3モデルを発売開始しています。

カラー対応の電子書籍リーダーでE Ink Kaleido 3タッチスクリーンを搭載。

他メーカーから発売されている同電子書籍リーダーに比べて、価格がリーズナブルなのが魅力です。

詳細 Kobo Libra Colour:楽天Kobo電子書籍ストア

 

しかし私は『BOOX Tab Ultra C 10.3インチ』をすでに持っていて悩ましい、、、と思っていたところJoshin web 家電とPCの大型専門店楽天市場 スーパーDEAL 10%ポイントバックキャンペーンがスタートし、このチャンスは逃せない!

電子書籍リーダー『Kobo Libra Colour 7インチ』は携帯しやすいサイズで、通勤の読書にぴったりです。

 

 

 

右 Kobo Libra Colour 7インチ

左 BOOX Tab Ultra C 10.3インチ

 

どちらも最新のE Ink Kaleido 3タッチスクリーンを搭載

 

このスクリーンの特徴は

大きくなると輝度彩度が下がるため

10.3インチよりも

7インチの方が発色が圧倒的に良いです

 

且つ

Kobo Libra Colour はページめくりボタンも付いているため

通勤電車などで片手で操作可能です。

 

良い点 

明るさ彩度が最新のKaleido 3端末でもかなり上位

 

 → EInkはバックライトではないため画面の大きさに明るさ彩度が比例する → 小さい方が明るく発色が良い 

 

 漫画を読むのに一番扱いやすい7インチ → このサイズの携帯やタブレットがマジで最近なかなかない

 

 進む戻るボタンが最高 → これ電子書籍端末では地味に便利で必須機能だと個人的には思っている

 

 良い意味で軽くてチープで扱いやすい → 傷がつきにくいプラスチック素材なのでケース無しでガシガシ使える、指紋がつきにくい素材、滑り止めの模様入り

 

 画面の反応も機敏 → あくまでE Ink の話し → iPadなどとは別物なのを理解した上での感想です

 

 価格がお手頃 → 楽天ラソンとスーパーディールの併用でポイント約20倍で購入できたのでホクホク

 

 → 実はもともと定価でもカラー E Ink Kaleido 3タッチスクリーン搭載機種でこの価格であれば実は安いほう

 

 

悪い点

 

 ボタン配置側のベゼルは太すぎるのでもう半分でよい → 本体のコンパクトさが失われるため  

 

 

Kobo Libra Colour 7インチ』感想まとめ

 

正直 悪い点がほとんどない優良機種

カラーの E Ink端末はAndroidの独占状態だったので

kobo専用端末にすることで価格を抑えてこのレベルの機種を発売したことは非常にありがたい

ただし E Ink 好きじゃないと絶対に購入しない機種なので一般的に売れるかは別問題

個人的には通勤電車で手軽に片手で読めるコンパクトなカラーE Ink端末は大好物なので

毎日ガシガシ使っていきたいと思っている

 

注意点はkobo専用端末で、電子書籍koboで購入する人向けです。

kobo用のスタイラスペンを購入したので、使用感はまた後日

 

Kobo Libra Colour(32GB)楽天市場

 

Kobo Libra Colour 7インチ 詳細

 

カラー対応の電子書籍リーダー 書き込み機能&ページめくりボタン搭載

 

◆カラー対応の電子書籍リーダー

Kobo Libra Colour はE Ink Kaleido 3タッチスクリーンを搭載。

従来は白黒でしか読めなかったカラーページも、Kobo Libra Colour ならカラーでお楽しみいただけます。

感動のワンシーンもカラーで鮮やかに! 電子ペーパー特有の柔らかな色調で、長時間の読書も快適。

・カラー作品を表示した場合です。白黒の作品はカラーに変換されません。

 

◆ページめくりボタンで、片手での操作も快適

今まで通りのタップ・スワイプ操作に加え、ディスプレイ下の物理ボタンでもページめくりが可能です。

片手で操作したいときや、濡れた手でページをめくりたいときにも、ストレスフリーな読書ができます。

 

◆色を使い分けて、自由に書き込み! 

Kobo Libra Colour は、別売りのKobo スタイラス2に対応! 

これまで1色だったペンは10色に、マーカーは4色となって、より使いやすくなりました。

スタイラスペンを使って、電子書籍に直接メモを書き込んだり、気に入ったフレーズに目印をつけることができます。

また、「ノート」の機能を使って、自由にノートを取ることも可能。

Kobo Libra Colour の端末内に保存されるので、いつでも読み返すことができます。

Koboスタイラス2は別売りです。

 

◆安心の防水機能も搭載

水没しても安心の「IPX8」規格に準拠。お風呂やキッチンでも安心してご使用いただけます。

・水中での長時間利用は前提としておりません。あくまでも生活防水とご認識ください。

 

◆見開きで読める大画面

見開き表示でも読めるので、2ページに渡る臨場感あふれるシーンも紙のコミックと同じようにお楽しみいただけます。

 

電子書籍リーダーならではの機能

周囲の環境に合わせて明るさを調整できるComfortLight

PROや高速ページめくり機能、大容量の32GBメモリなど、Koboシリーズおなじみの基本機能も充実。

 

仕 様

カラー:ブラック

ディスプレイ:7インチのcolour E Ink Kaleido 3タッチスクリーン

解像度:1680×1264 白黒300ppi/カラー150ppi

対応ファイルフォーマット:EPUB/EPUB3/PDF/JPEG/GIF/PNG/BMP/TIFF/TXT/HTML/RTF/CBZ/CBR/MOBI/FlePub

楽天Kobo電子書籍ストアで販売しているPDF書籍のみがサポート対象となります

ライト:ComfortLight PRO (フロントライト内蔵、ナチュラルライト機能)

内蔵メモリ容量:32GB(テキストベースの本:27000点分/コミック:540点分)

一般的なテキストベースの本1冊分のファイルサイズを1MB、コミック1冊分のファイルサイズを50MBで計算した理論値です

Wi-Fi(無線LAN):WiFi 802.11 ac/b/g/n (i.e. dual band 2.4 and 5 GHz)

パソコン接続方法:USB (Type Cケーブル 1本同梱)

サイズ(約):縦161mm×横144.6mm×厚さ6.2-8.3mm

重さ:199.5g

バッテリー持続時間の目安:数週間

・ライトおよびWi-Fiをオフにした状態で、約1分/1ページで1日30ページ読書した場合の計算値です。

実際の充電持続時間は使用環境や機器の状態によって異なります。

フォント:日本語フォント、欧文フォント、サイズ調整可

内蔵辞書:ジーニアス(英和辞典)MX、大辞泉(日本語辞典)

防水:IPX8 規格準拠 (水深2mで最大60分の使用が可能)

・水中での長時間利用は前提としておりません。あくまでも生活防水とご認識ください。

また、充電時は本体が乾いていることを必ず事前にご確認ください。

メモリ拡張:なし

 

PC動作環境:

[OS]Windows 8.1/10/11 Mac OS X 10.9(Intel)もしくはそれ以上

[CPU] Intel Core Duo もしくはそれ以上

[メモリ] RAM2GB以上必要(4GB以上推奨)、ハードディスクに200MB 以上の空き容量(書籍データの保存に必要な分を除く)

[ディスプレイ]1920×1080の解像度 推奨

・デスクトップアプリをご利用いただくには、USBポート付きの、インターネットに接続できるパソコンが必要です。

Wi-Fi接続のみをご利用いただく場合は、5V500mA以上給電可能なUSB充電器または充電環境があれば、パソコンをご利用いただく必要はございません。

 

参照リンク Kobo Libra Colour:楽天Kobo電子書籍ストア

kobo公式動画でKobo Libra Colour公開されています。

EXCLUSIVE FIRST LOOK | Kobo Libra Colour - YouTube