【無印良品】2通りにたためる折り畳み傘・両面ドットボタン付き(感想レビュー)

無印良品】2通りにたためる折り畳み傘・両面ドットボタン付き(感想レビュー)

 

f:id:softcandy:20180422114526j:plain

4月20日から 無印良品週間10%OFFがはじまっています。

2通りにたためる折り畳み傘・両面ドットボタン付き(2,980円税込)を購入しました。

手に持った感じが軽くて、細身なところが気に入りました。

どれどれ重量は?とタグを見ても表記が無く。

アウトドアブランドだと重量が明記されているので、ちょっと不便ですね。

自宅で重量をはかったところ245gでした。

f:id:softcandy:20180422133733j:plain

今年の1月から雑誌・家電批評がもう一度商品を検証したうえで紹介しているAmazon最強ヒット商品ランキング100に取り上げられていたBodyguardの折り畳み傘(ワンタッチ自動開閉)を使用していました。

ワンタッチで自動で折り畳みでき、開いたときに105cmと大きく、 機能的に申し分ない折り畳み傘です。

しかし毎日持ち歩いていて重量445gが重いと感じるようになっていました。

Bodyguaedの傘と比べると、無印良品の傘は丈は長いものの細身で、重量は約半分です。

 自動開閉の装置分が重いので、便利さを取るか、軽量を優先するか悩ましいところ。

でもめちゃくちゃ安い傘なので、お値段を考えたら充分満足な傘です。

f:id:softcandy:20180422114736j:plain

無印良品のこの折り畳み傘は、コンパクトに畳んでおくこともできるし、

f:id:softcandy:20180422114821j:plain

傘袋が伸ばせるので、伸ばしたまま収納できます。

例えば、スーパーに寄って、ビニールの長い傘袋が用意されてても入れることができなくって畳もうとするんですが、スーパーの入り口ってカートやカゴが置いてあって狭くて邪魔になることがよくあります。

そんな風に折りたたみ傘って、雨の日にスーパーやコンビニに立ち寄るのが不便だと感じるときがあるので、伸ばしたままでも収納できるのは便利!

 

f:id:softcandy:20180422115214j:plain

留め金が、両面ドットボタンで左右どちらからでも閉じられます。

つまり右利きでも、左利きでも大丈夫。

しかし、このボタンはハメにくいように感じました。

f:id:softcandy:20180422132300j:plain

手持ち部分に傘の骨組みを差し込むようにハメれます。

広がりを抑えられるので、畳みやすいです。

f:id:softcandy:20180422115413j:plain

 折りたたむ際に、雨で濡れている面に触れずに畳めます!

これ便利!f:id:softcandy:20180422132233j:plain

ストラップがシンプルで好み。

取り付け部分の■もなんだか可愛い。f:id:softcandy:20180422134553j:plain

親骨の長さは53cmとタグにありますが、開いたときの大きさの表記がありませんでした。

実際に傘をさしてみると直径約92cmとやや小さめです。

クルニプスのKNX811 (使用時約94cm)で重量が約230g。

携帯のコンパクトさを優先するならクルニプスがおすすめです。

紫外線にも対応しているので日傘としても使えます。

 

f:id:softcandy:20180422135428j:plain

A4サイズのコピー用紙より、ちょっと頭がはみ出るくらいの大きさです。

f:id:softcandy:20180422135510j:plain

A4サイズのバッグには斜めに収納すれば入る感じ。

無印良品の折り畳み傘をしばらく使ってみようと思います。