スティーヴン・キング原作の犯罪ホラー小説がドラマ化 HBOドラマ『アウトサイダー』(感想レビュー)

スティーヴン・キング原作の犯罪ホラー小説がドラマ化 HBOドラマ『アウトサイダー』(感想レビュー)

 

エストワールド3を見るためにAmazonのHBOチャンネルに登録したので、他に何か見るのはないか、、、

スティーヴン・キング原作の『アウトサイダー』がある!

スティーヴン・キングがインタビューでドッペルゲンガーをヒントに執筆したと読んでいたので興味がありました。

アウトサイダー(字幕版)

アウトサイダー(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

 

あらすじ

ジョージア州の田舎町で、11歳の男の子の惨殺死体が発見され、捜査がはじまる。

 

◆『アウトサイダー』感想レビュー

ドッペルゲンガーの現象で信じられている「死の前兆」

ではなく、Xファイルディープスロートを彷彿とさせる物語でした。

スティーヴン・キングの作品で言えば『IT それを見たら終わり』系。

冒頭で男の子が犠牲になるところから、スティーヴン・キング節がすでに効いてます。

スティーヴン・キングを何作か見た人なら先は大体見えるけど、やっぱり面白いです。

設定がきちんとしていて、なぜ?と矛盾を感じることも無く安心してみれます。

 

アウトサイダー』でびっくりするのが、おじさんしか出てこない

渋い。渋すぎる。

『ウエストワールド』で美男美女を見た後だったので、渋さ増し増しです。

幼馴染のおじさん達、という典型的な組み合わせですが、警察官、GBI(米ジョージア州捜査局)、弁護士、と優秀揃い。

彼らは本当に昔から仲間のような雰囲気があって、主人公のラルフを演じるベン・メンデルソーンがどこか子供の頃の面影が残っているような表情をするのが、またいいんです。

そんな彼らがプライベートで殺人事件の捜査をしていくのですが、子供時代の冒険の延長のような雰囲気さえ感じます。

私は冒頭から楽しめたんですが、家族には恐ろしく眠気が襲っていました。

ストレンジャーシングス』や『ウエストワールド』が好きな人には、少し退屈かもしれませんね。

 

唯一のヒロインが天才私立探偵のホリー。

ホリーを演じるのはシンシア・エリヴォ

え!歌手なの!?

驚くほど地味で控えめな役なんです。

そして変わった人というちょっと難しい役どころでしたが、とても良かった。

最近では映画『ハリエット』で主演を務めています。 

生涯で800人以上の奴隷を救い、南北戦争では自ら戦った女性、ハリエット。

Stand Up (From Harriet)

Stand Up (From Harriet)

  • 発売日: 2020/04/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

f:id:softcandy:20200701121926j:plain

 『アウトサイダー』ではダイナーが出てくるんですが、残念ながら料理は特に無く。

ドミノピザを食べながら見てたら、後半にヘヴンというフライドチキンのお店が登場し、ドドッとテンションあがりました。

ケンタッキー食べたくなるやつ!

(ケンタッキーは50周年を迎え、7月1日~7日まで5ピース1000円パックやってます)

弁護士役のハワード(ビル・キャンプ)が見た目まんまの食いしん坊で、揚げたてが食べたい、とその場で食べる姿に、うんうん、と大きく頷きました。

しかし、この食いしん坊が後に災いしてしまうのです。

何気ない行動が運命を左右することもある。

スティーヴン・キングの見事な物語の流れです。 

 

アウトサイダー』で興味深いのは、人間なので多少の思惑があるにせよ、みんな真面目に仕事を遂行していること。

誰も悪くないのに、結果が残念なことになることって不思議とあります。