スポンサーリンク

七つ屋志のぶの宝石匣10巻・二ノ宮知子(感想レビュー)

 

2月13日発売の七つ屋志のぶの宝石匣10巻を読みました。

Story38、フリマアプリと質屋の話。

質屋にフリマ女子がやってきて、ブランドバッグを鑑定させるだけしてもらい、フリマに出品!

いまどきなネタが盛ってあって面白かった!

質屋さんは生き残れるのか!?興味深い内容でもあります。

七つ屋志のぶの宝石匣(10) (KC KISS)

七つ屋志のぶの宝石匣(10) (KC KISS)

 

 

Story40、北上家について書かれた江戸時代の手紙を志のぶが発見!

とうとう赤い石の大ヒント発見なるか!?

ようやく盛り上がってきた感じ。

 

石が好きすぎな江戸時代の学者・木内石亭の本「雲根志(うこんし)」まで出てきて、内容は超マニアックへ。

でも楽しめる内容です。

志のぶの宝石オタクっぷりがすごい!

  

最近、石が流行ってるのはこの漫画の影響もあるのかな。。。?

 

先日は、福岡のアートギャラリー・三菱アルティアムで「音と旅する鉱物展」が開催されていて、海底奥深くで生成した石、宇宙から落下した隕石、数十億年前の石など日本屈指の鉱物標本が展示されて、その展示が素晴らしいとツイッターでも話題になっていました。

ミュージアムショップでは鉱物を模したお菓子が販売されてそちらも好評でした。

 

 鉱物のお菓子レシピ本も出版されていて、SNS琥珀糖をUPしているのも見ます。

本当にキレイなお菓子で、作ってみたくなります。