世界禁煙デー5月31日から「禁煙週間」受動喫煙は介護費・医療費を増大し続ける原因に!?なくそう!受動喫煙。

世界禁煙デーの5月31日から「禁煙週間」がはじまります

 

f:id:softcandy:20190524122338j:plain

画像:厚生労働省「受動喫煙のない社会を目指して」ロゴマーク 

 

 5月31日は「世界禁煙デー」で日本でも「禁煙週間」がはじまります。

2019年7月に学校・病院・児童福祉施設等、行政機関が原則敷地内、

2020年4月にそれ以外の施設等が原則屋内禁煙

となることを控え、今年度は

「2020年、受動喫煙のない社会を目指して・たばこの煙から子ども達をまもろう」

を禁煙週間のテーマとし、禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行われます。

 

受動喫煙が健康に悪影響を及ぼすことは、科学的に明らかであり、心筋梗塞脳卒中、肺がんに加え、子どもの喘息や乳幼児突然死症候群等のリスクを高めることがわかっています。( 厚生労働省HPより抜粋)

 

厚生労働省受動喫煙防止対策の必要性という共有認識を拡大し、受動喫煙のない社会を目指すことに多くの人が賛同でき、社会的気運を向上させようとしています。

厚生労働省では特設サイトを設けています。

なくそう!望まない受動喫煙。


スポンサーリンク

 

ファイザーのサイトによると日本では、受動喫煙が原因となって発症する肺がんと心筋梗塞だけをみても、年間約6,800人が死亡しているという報告があります。

受動喫煙が原因で介護費や医療費などの経済的負担が大きくなっているのです。

コンビニ前や駅のホームなどの受動喫煙は、健康でいたい人の権利をないがしろにしすぎだと感じます。

 

◆禁煙場所で喫煙している人に注意するには?

 

警察官に注意してもらう、駅であれば駅員に注意してもらう方法があります。

喫煙者の所属団体に通報するという方法も有効です。

 

受動喫煙対策に係るコールセンター

 電話番号 03-5539-0303

(受付時間9:30~18:15(土日・祝日は除く))

受動喫煙対策に関する質問・意見等を受け付けるコールセンターです。

・主に健康増進法の一部を改正する法律に関する質問・意見等を受け付けています。

 

◆屋内完全禁煙の美味しい飲食店情報をシェアするサイト『ケムラン』

 

店舗内外の禁煙状況を詳細に紹介し、禁煙店で料理やお酒を楽しみたい方に役立つ情報を提供しているグルメサイトです。

情報はボランティア(無償)によって更新されています。   

Quemlin 【ケムラン】 - 屋内完全禁煙の美味しい飲食店を応援する登録サイト -