【巨大サメ映画】『MEG ザ・モンスター』(メグ ザ・モンスター)メガロドンVS ジェイソン・ステイサム(感想レビュー)

【サメ映画】『MEG ザ・モンスター』(メグ ザ・モンスター)メガロドンVS ジェイソン・ステイサム(感想レビュー)

f:id:softcandy:20190217003100j:plain

巨大なサメ映画『MEG ザ・モンスター』を見ました。  

MEG ザ・モンスター(字幕版)

MEG ザ・モンスター(字幕版)

 

メガロドンは260万年前に存在していたサメで、体長は23m!

大陸から200キロ離れた海洋研究施設で、潜水レスキューのプロ、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は、救助に向かった先でメガロドン、通称MEG(メグ)に遭遇します。


スポンサーリンク

 

f:id:softcandy:20190217003322j:plain

巨大サメが襲ってきますが、恐怖心を煽る『ジョーズ』のようなサスペンスではありません。

メガロドンはすごいんだけど、怖い!という演出ではないです。

ところどころに笑いも入れてあって、伏線があるので展開も予想がしやすく、セオリーどうりな展開もあり、ややB級映画寄りな作りです。

サメよりもジェイソン・ステイサムが好きな人におすすめの映画です。

かつて飛び込み競技のトップ選手(英ナショナル・ダイビング・チームのメンバーで世界第12位の成績)だったジェイソン・ステイサムの飛び込みシーンはさすがにフォームがキレイでした。

シャツ1枚の姿も、なんだか筋肉の塊が歩いているような体ですごいです。

 


スポンサーリンク

f:id:softcandy:20190217003951j:plain

SFドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」(06~10)のヒロ役で人気がでたマシ・オカが日本人役・トシで出演しています。 

 トシはすごくいい奴で、日本人としてうれしい登場人物でした。

 

f:id:softcandy:20190217004151j:plain

ハリウッドで活躍する中国人と言えば、あの騒動になったファン・ビンビンでしょ?と思ったら、この人はリー・ビンビンという別人でした!

見分けがつかないんですけどーーー!

 

f:id:softcandy:20190217004440j:plain

なんで急にCGキャラが登場?と思えるくらい人間離れした容姿のルビー・ローズ

別世界感が半端ない。

彼女をぜひ見て欲しい。

 

f:id:softcandy:20190217004919j:plain

 若い頃のジャック・ニコルソンっぽい俳優レイン・ウィルソン

 HBOのドラマで人気のある俳優さんです。

建前と本音を使い分ける金もうけ主義的なキャラクターで、どこかコミカルな演技が印象的でした。