【おすすめドライブレコーダー】DRV-MR740 ケンウッド(前後撮影対応2カメラドライブレコーダー)「駐車監視録画」機能搭載。最長24時間録画。(感想レビュー)

「駐車監視録画」機能搭載。最長24時間録画。【おすすめドライブレコーダー】DRV-MR740 ケンウッド(前後撮影対応2カメラドライブレコーダー)(感想レビュー)

f:id:softcandy:20190128141600j:plain

ドライブレコーダーをつけたほうがいいだろうなぁ、と思いつつ、これまでお値段と性能に折り合いが付きませんでした。

これまで前撮影が主流で、後撮影対応のドライブレコーダーは数も少なく高価。

あおり運転に対応するには後カメラが必要なのに。

また、昼間の撮影はキレイでも夜の撮影が怪しい解像度のドライブレコーダーも多く、まだまだドライブレコーダーはつけられないなと思っていました。

そんなとき2018年10月にケンウッドから「前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740」が新発売されました。
前後撮影対応なうえ、業界トップクラスの明るさ「F1.8明るいレンズ」を採用。

カメラレンズに詳しい人ならわかるんですが、F1.8ってかなり明るいレンズで、つまり暗いところが撮れる=夜間撮影が鮮明、なんです。

これキター!!( ゚Д゚)って感じでした。

さらに最長24時間録画に対応で、 「駐車監視録画※」機能を搭載してます。

※車載電源ケーブルCA-DR150(別売り)が必要です。 

 運転支援機能までついてて至れり尽くせり!

DRV-MR740ケンウッド前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740

DRV-MR740ケンウッド前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740

 

運転支援機能は「前方衝突警告」「車線逸脱警告」「発進遅れ警告」などの運転支援機能で、画面と警告音で注意を促してくれます。

高齢者にもおすすめの機能だと思います。

私もイザって時に役立つと期待しています。

ケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー 電源ケーブルCA-DR150

ケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー 電源ケーブルCA-DR150

 

 同時発売の「 DRV-MP740」 は、

車室内撮影対応2カメラドライブレコーダーで、

車上荒らしや夜間、駐車場に止めておく際の防犯対策に最適です。

DRV-MP740ケンウッド車室内撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MP740

DRV-MP740ケンウッド車室内撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MP740

 

f:id:softcandy:20190128141600j:plain

前カメラはフロントミラーの裏に隠れるくらい超コンパクト

デザインがシンプルでいいと思います。

 

ドライブレコーダーと言えば、現在はコムテックかケンウッドの2社が主流です。

そのなかでもケンウッドは2016年度、2017年度と2年連続でドライブレコーダーの販売数1位を獲得しており、悪い評判も聞きません。

またコストコでもここ数年、ケンウッドのドライブレーダーが販売されてまして、コストコは吟味した良品を販売することから、ケンウッドを気にかけていました。

コストコではWifi機能付 DRV-W630などが販売されています。 

前方衝突警告など運転支援機能もついてます。

DRV-MR740よりリーズナブルなドライブレコーダーですが前撮影のみになります。

 

f:id:softcandy:20190128150519j:plain

DRV-MR740は後カメラもコンパクトで気になりません。

 

ケンウッドのオフィシャルYoutube動画で、ドライブレコーダーの映像を確認できます。

youtu.be

逆光やトンネルの出入り口など明暗差が激しい環境時におきる「白とび」や「黒つぶれ」を抑え明瞭な映像を記録します。

 


スポンサーリンク

f:id:softcandy:20190128152641j:plain

実際に夜間走ってみた動画をキャプチャしてみました。

道が真っ暗なんです。でもちゃんと撮れてる!

業界トップクラスの明るさ「F1.8明るいレンズ」を採用は伊達じゃない。

後方の車も、近づくとナンバーがはっきりと確認できるほど鮮明に撮れてました。

そのほか、 LED信号機の無点灯記録を防ぐ 「LED信号機対応」がついてます。

交差点で事故の場合、信号機が何色だったか、ということが重要ポイントになってきますが、LED信号機の点灯とドライブレコーダーの撮影周期が一致すると信号機が点灯していないように映る場合があります。

だから、大事な瞬間がドライブレコーダに映ってない!なんてことがあって、これまではドライブレコーダーを搭載してても、いざってときに役に立たないという場面もあると聞いていました。

DRV-MR740は1秒間に撮影するコマ数を適正に設定して信号機の無点灯記録を防ぎます。

DRV-MR740はこれまでのドライブレコーダーの問題点を解決した集大成ではないでしょうか。

ドライブレコーダーは保険のつもりでつけたので、事故が起きないのがいちばんなのですが、万が一事故が起きても、ドライブレコーダーで検証できるのは心強いです。

また、カメラがついているとわかれば、あおり運転の抑制にもなるのではないでしょうか。

「後方録画中」シールを貼ってる人もときどき見ます。

 

 

ドライブレコーダーの取り付けはオートバックスでしてもらいまいました。

電源を裏どりで施工してくれます。

クルマのシガーソケットをふさがないので、他の機器の接続が可能で、見た目もすっきりします。

ただ部品を外したりして、取り付けに時間がかかるため予約制となっていました。

当日受付はできません、と注意書きも見かけました。

ドライブレコーダーは取り付けた後、実際に車を走らせてカメラの位置まで調節してくれました。 

工賃は車種によって異なります。

オートバックスオフィシャルサイトの『ドライブレコーダーの工賃コミコミセット』を参考に記載しておきますが、工賃は1~2万円程見ておくと良いと思います。

 

ドライブレコーダー取付工賃コミコミセット【KENWOOD DRV-630】

【セット内容】ドライブレコーダー本体、シガーソケット電源コード(ストリートGS-27)、取付工賃(電源裏取り)

ネット特別価格 25,992 円、

 

 ドライブレコーダー取付工賃コミコミセット・車載電源ケーブルセット【KENWOOD DRV-630】 ~国産乗用車限定~

【セット内容】ドライブレコーダー本体、KENWOOD車載電源電源ケーブル(CA-DR150)、取付工賃(※最大24時間の駐車監視録画に対応)

ネット特別価格 33,804 円、