チラ見が危ない!自動車が2秒間に進む距離は?事故を起こす前に。OHLPRO タブレット スマホスタンド 車載ホルダー(感想レビュー)

チラ見が危ない!自動車が2秒間に進む距離は?事故を起こす前に。OHLPRO タブレット スマホスタンド 車載ホルダー(感想レビュー)

 

f:id:softcandy:20181203103115j:plain

道案内はスマホタブレットGPSを利用してGoogleナビで充分。

たまに「車でスマホを操作してたら落としてしまい拾おうとして事故を起こした」というニュースを聞きます。

自動車が時速60キロで走行した場合、2秒間に進む距離は約33.3メートルですからスマホを拾おうとして事故になるのは当たり前です。(参照:警察庁

助手席に置いてて、よく見えないと思っているうちに2秒なんてすぐです。

ナビをチラ見するにしても、車載ホルダーで固定しないとよく見えないです。

車載ホルダーはそんなに高いものじゃないので、絶対に付けたほうがいい。

車内でiPadiPhoneを使用するなら車載キットは必須です。 

以前に「スマホ車載ホルダー 700-WLC001」サンワダイレクトを車につけたんですが、設置場所が悪かったらしくカタカタ音がするのと、充電できなくてもいいか、と思ったので買い替えることにしました。

強力マグネット(ネオジム磁石)タイプの「OHLPRO タブレット スマホスタンド」を購入しました。

スマホタブレットも両方取り付け可能です。 

f:id:softcandy:20181203105433j:plain

車のダッシュボードが狭くて、吸盤でフロントガラスに取り付けできるものにしました。

アーム部分が前後190度動くので、見やすい角度に調節しやすい。


スポンサーリンク

 

f:id:softcandy:20181203103845j:plain

フロントガラスに吸盤でくっつけるようになっています。 

吸盤は強力なので落ちることは無いと思いますが、

 

f:id:softcandy:20181203103234j:plain

浮かせて設置することも可能ですが、念のためにタブレットダッシュボードに置く感じで設置しました。

がっつり磁石で留まっているので運転中にカタカタしません。

OHLPRO タブレット スマホスタンドタブレット4~10.5インチまで可能です。  

 

f:id:softcandy:20181203105326j:plain

スマホタブレットには金属プレートを貼って使います。

貼るのが嫌な人はホールドタイプがおすすめです。