キッチン扉のDIYを考える。ペンキで塗り替える?カッティングシートで張り替える?【DIY】

キッチン扉のDIYを考える。ペンキで塗り替える?カッティングシートで張り替える?【DIY

f:id:softcandy:20180921095018j:plain

キッチン扉が古くなり、くすんで見える。。。

キッチン扉、DIYで検索すると、ペンキで塗り替えるか、カッティングシートを張り替えるかの2択のようです。

プロ業者さんの意見を調べたところ、ペンキには後々デメリットが発生すること(詳しくはわかりません)、防火素材のものを選ぶこと、とありました。

素人DIYを見ると、防火仕様のペンキを利用する、防火仕様のカッティングシートを利用することを失念している人が多いです。

あれこれ考えて、カッティングシートを貼るのが良さそうだと思い、カッティングシートのサンプルを販売している壁紙屋本舗・カベガミヤホンポにて取り寄せてみることにしました。

サンプルを販売しているところはあまりないので、これはうれしいサービス!

メール便で送付してもらえ、サンプルの入っている袋もかわいい。

 


スポンサーリンク

f:id:softcandy:20180921100000j:plain

カッティングシートは木目など柄があるほうが、多少シワがあっても気にならないと聞いたので、素人には木目がおすすめです。

キッチン扉に貼ってイメージを確かめます。

左から、

サンゲツ リアテック TC-8121

サンゲツ リアテック TC-8113

 

サンゲツ リアテック TA-4746

 

サンゲツ リアテック TC-4240

 

f:id:softcandy:20181006103440j:plain

左2番目から、

サンゲツ リアテック TC-8125

 

サンゲツ リアテック 4247

 

サンゲツ リアテック RW-8040

 

インテリア雑誌で、ウォルナットの吊り棚を使用されている家が素敵だったので、ウォルナット柄も取り寄せてみたのですが、なんだか我が家には合わないような。。。

でも写真うつりが思ったより良くて、合っているのかな、と思ったり。

考えれば考えるほど、どんどん深みにはまっていく感じ(;^ω^)

f:id:softcandy:20181006104302j:plain

左から、

TC-8111

TC-4328 

 

サンプルを取り寄せてみると、柄は確かに同じなんですが、シートの質感によって思ってたより高価に見えたり、安っぽく見えたりすることがわかりました。

TC-4325は、濃いブラウンですが、反射すると明るく見えるような加工がされていて、なかなか高級感があります。

床板が白っぽければ部屋全体が暗くならず、カッコイイ感じになると思います。

我が家は床板がどちらかというと濃いので、TC-4325のような色だと部屋が重くなってしまうよなぁ。

もう少し悩もうと思います。

 

キッチン扉のカッティングシートの貼り方(動画)

 

はじめから扉サイズにカッティングシートを合わせてから貼る方法(動画)