手軽にできる熱中症対策。熱中症が起きる原因は?症状は?(感想レビュー)

手軽にできる熱中症対策。熱中症が起きる原因は?症状は?(感想レビュー)

f:id:softcandy:20180803072058j:plain

熱中症は身体の外に熱を逃がす(放熱)のバランスが崩れたときに起こります。

人は暑い時には汗をかいて放熱し、体温を調節します。

 その働きが正常に働くためには、体液の量が十分であることと、水分とイオンのバランスが重要です。

 汗をかくと水分と一緒にイオン、主としてナトリウムとクロール(食塩)が失われます。

水だけを飲んでいると、体液中の水分とイオンのバランスがくずれ、体液がどんどん薄くなります。

すると脱水症状を起こし、熱中症になります。

そこで、熱中症予防に身体の中の水分(体液)に近いイオンバランスの飲料「ポカリスエット」で、発汗などで失われた水分とイオンを補給することにしました。

ポカリスエットの粉タイプを購入しました。

74g(1リットル用)で1袋100円程度とリーズナブル。

お手軽にできる熱中症対策だと思います。

ポカリスエットパウダー(1L用) 1 用×5袋

ポカリスエットパウダー(1L用) 1 用×5袋

 

f:id:softcandy:20180803074003j:plain

サーモスの水筒 「真空断熱ケータイマグ 」750mlに作ってオフィスに持っていきます。

氷を13個程入れておけば 夕方まで冷たいまま飲めます。

 ポカリスエットには食塩が含まれており、これについては賛否両論があるようですが、体内の塩分濃度が不足すると、先にも書いたように脱水症状を起こし、熱中症になるだけでなく、手足をつる、筋肉痙攣などの症状も出ますから、食塩は欠かせません。

あとポカリスエットにはカリウムが入っています。

カリウムは体に含まれている余計な塩分(ナトリウム)を体の外に出す効果がありますから、食塩を摂取しすぎたとしても排出を手助けしてくれます。

 実際、ポカリスエットを飲み始めてから、トイレの回数が増えました。

トイレに行くのは煩わしいですが、熱中症で倒れるよりはいいですね。

 

それでも熱中症になったら。

 

熱中症になった場合は、OS-1アクアライトORSなどの調剤薬局で売っている経口補水液を飲みます。

自力で飲めない場合は、無理をして飲まず病院へ。