夢を追いかけるか、恋愛に生きるか。幸せってなんだろう?「ラ・ラ・ランド」(感想レビュー)【映画】

大人な恋愛映画。「ラ・ラ・ランド

 

ミュージカル・エンターテイメント映画「ラ・ラ・ランド」 を見ました。

大ヒット映画なのでご覧になった方も多いと思いますが、第89回アカデミー賞では史上最多の14ノミネート(13部門)を受け、6部門を受賞しました。

女優を目指し映画スタジオのカフェで働くミア(エマストーン)、いつかジャズのお店を持ちたいと考えているピアニストのセブ(ライアンゴズリング)が恋に落ち、夢に向かう物語。

シェルブールの雨傘』など有名なクラシックミュージカル映画が好きなら映像的にドはまりする内容です。

f:id:softcandy:20180725085040j:plain

華やかな演出とは裏腹に、なんともほろ苦い大人な恋愛映画!

男女で意見がわかれそうです。

夢を追うことと、恋愛を両立させるのって難しい。

お互いが同じ夢なら一緒に歩めることもあるだろうけど、そうでない場合は試練がありますね。

この映画を見て思い出したのが、ミリオンダラーリスティングNYのライアンと彼女のエミリアのこと。

エミリアが昇進することになり、ヨーロッパで支店長を任されるオファーがあったとき、ライアンはニューヨークから引っ越す気は無いときっぱり言います。

それでエミリアは考えた末、オファーを断りライアンとのニューヨークの暮らしを選びました。

 恋愛かキャリアか、どちらを優先させるか。

どちらの選択がよかったかは、後になってみなければわからないもの。

おすすめの恋愛映画です。