softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

eo光ネットの赤(橙)ランプ。放置しておくと損かも!

eo光の赤(橙)ランプ

 

f:id:softcandy:20171017093825j:plain

eo光の工事が終わり、ふと気がついたのですがeo光多機能ルーターの③ eo光ネットが赤(橙)ランプです。

普通は全部、緑ランプになるんじゃないかな?と調べてみました。

 

eo光ネット

ランプの色 (つきかた※1) 状態
緑(点灯) IPv6IPv4eo光ネットの接続に成功しているとき※2
緑(早い点滅) IPv6IPv4eo光ネットの接続試行中
緑(点滅) IPv6eo光ネットの接続開始中
橙(点灯) IPv4eo光ネットの接続に成功しているとき
橙(早い点滅) IPv4eo光ネットの接続試行中
赤(点灯) IPv6eo光ネットの接続に失敗し、IPv4では成功したとき※2
赤(点滅) IPv6およびIPv4eo光ネットの接続に失敗したとき※2
消灯 有線ルーター機能または無線ルーター機能をご契約されていないとき

※1 早い点滅は「点灯0.2秒⇔消灯0.2秒」を、遅い点滅は「点灯1.0秒⇔消灯1.0秒」を、点滅は「点灯0.5秒⇔消灯0.5秒」をそれぞれ繰り返します。

※2 IPv6サービスをお申し込みいただいている場合のみIPv6での接続が行われます。

※表:eo光ネット 各部の名称と働きより抜粋

 

あっ!やっぱり緑ランプになるんじゃん!

そして赤ランプだと思っていたのですが、橙ランプなるものがあり、確かに色は橙ランプ。

eo光の橙ランプは「IPv4eo光ネットの接続に成功しているとき」

緑ランプにするにはIPv6サービスに加入する必要があることがわかりました。 

スポンサーリンク

 

IPv6サービスに申し込む必要はある?

 eo光で下記の記述がありました。

「現在、インターネット接続サービスで利用されているIPv4アドレスは、近年の世界中におけるブロードバンドによるインターネット接続ユーザーの増加・拡大に伴い、これまでのペースを上回る速度で消費されるようになりました。
このIPv4アドレスの消費拡大によるIPv4アドレス枯渇問題への恒久的な対策として、IPv4の40億倍以上のアドレス空間を持つIPv6アドレスへの対応が不可欠となっています。」

 不可欠!じゃあ申し込む必要があるじゃない!

というわけで、橙ランプの方はIPv6サービスを申し込みましょう。

ただし、IPv6に対応してないブラウザの場合、IPv6を一旦読み込んでからIPv4を読みに行くことになるので表示が遅れることがあるようです。

 

スポンサーリンク

 IPv6サービスとは?

IPv6サービスは、eo光ネットの無料のオプションサービスです。

eo光ネットで割り当てられるるIPアドレスは、IPv4のグローバルアドレスとなり、無料のオプションサービスとして「IPv6サービス」が用意されているのです。

下記アドレスから申し込みの手順がわかります。

 

eo公式|IPv6サービスに申し込みたい。|よくあるご質問(お困りごと・トラブルの解決)|eoユーザーサポート

 IPv6サービスの申し込み後、eo光多機能ルーターが自動的に再起動されます。