softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

マツコの知らない世界「新宿中村屋」の麻婆豆腐を作ってみました。

マツコの知らない世界で紹介!「新宿中村屋」の麻婆豆腐

 

f:id:softcandy:20170826043940j:plain

 マツコの知らない世界で麻婆豆腐がやっていて、食べたくなったのでレトルトソースを買ってきました。

我が家はいつも味の素 「Cook Do 広東式麻婆豆腐用」を使います。

広東式麻婆豆腐は辛さが少なく、味噌っぽい味付けが気に入っています。

もちろん「Cook Do 四川式麻婆豆腐用」も美味しくて好きです。

今回は マツコの知らない世界で紹介されていた新宿中村屋の「本格四川 コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐」を買ってみました。

 「Cook Doよりやや高いな」と思ったんですが、ひき肉入りなので別途ひき肉を買う必要が無いことがわかりました。

これならCook Doより安く麻婆豆腐が作れるかも。それに調理が簡単です。

  

新宿中村屋 本格四川 コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐 

特製XO醤など魚介の贅沢な旨みに、甜麺醤のコク、挽肉の旨味が調和した奥深くひろがるコクが特徴の本格四川麻婆豆腐ソース

 

新宿中村屋」の麻婆豆腐を作ってみました。

フライパンにソースと豆腐を入れて出来上がり。

めちゃくちゃ簡単!

ひき肉を炒める必要もないのでラクです。

それでいて、仕上げにかける山椒の袋がついてて本格的。

豆腐は300~350gを目安に使用とありましたが、500gの大容量を使っても全然ソースは足りました。

もしも豆腐を熱々にしたければ、先に豆腐をお湯で茹でておくと失敗しません。

 

新宿中村屋」の麻婆豆腐を食べてみました。
家庭的な味では無く、お店で出されそうなスパイスの聞いた麻婆豆腐です。
中辛とあって、辛さはさほど強くありません。
ひと口目、食べ慣れない麻婆豆腐の味だなぁと感じていたら、家族も同じ意見。
原材料を見ると、豆板醤(トウバンジャン・唐辛子入りの味噌)が多く、甜麺醤(テンメンジャン・砂糖入りの味噌)、豆豉、魚醤、XO醤など何やら本格的な調味料の名前がずらり。
いつも食べている麻婆豆腐はしょうゆがメイン調味料で日本人向け。
味が随分と違うのも納得です。
食べていくにつれて、これはこれで美味しいと感じました。