エアコンの効きを良くするために、仕切りカーテンの取り付け。電気代節約にも。広い部屋を涼しくする方法。

簡単に広い部屋を涼しくする方法はないかと考えて。

 

f:id:softcandy:20170711133843j:plain

家族が夜中、どうもエアコンの効きが悪いようで眠れていないと言う。

その部屋はやや広い。

部屋の真ん中で仕切ったらエアコンの効きも良くなるのでは?ということで、仕切りカーテンをつけることにしました。

寸法を測ってみると、横約3m、高さ約2.5m。

断熱カーテンの高さは2.25cmとやや丈が足りず、探してみたけれど高さが2.5mのカーテンがなかなか無い。(お金を出せばある)

そして見つけたのがユタカメイク シースルーシート(2.7m×3.6m)です。

このサイズにしてはお値段もリーズナブル!

ユタカメイク シースルーシート(#2000) 2.7m×3.6m B-304

ユタカメイク シースルーシート(#2000) 2.7m×3.6m B-304

 

シートとありますが、カーテンに使っているイラストがついています。 

あと用意するのは天井吊りタイプのカーテンレール。

伸縮カーテンレール シングルタイプ 1.1m-2.0m

伸縮カーテンレール シングルタイプ 1.1m-2.0m

 

 

仕切りカーテンを取り付けました

 

f:id:softcandy:20170711135430j:plain

ハトメの穴がついていましたが、それでは足りないので1穴パンチでカーテンに穴を開け、S字フック(3.0×3.0) で引っかけました。

丈が2.7mと20cmほど長いので、とりあえず折って養生テープで仮止めしています。

出入りを作るため、真ん中あたりにハサミを入れて2枚にしました。

素材がケバだつことも、ほつれることもなくキレイに切れました。

なので丈も長さに合わせて切っても大丈夫だとは思っています。

f:id:softcandy:20170711142942j:plain

厚みが約0.18mmとやや分厚めですが、透け感もあり光を通すので閉鎖感はありません。

ただし張りのある素材で、ゴワゴワしてて海外ドラマや映画に出てくる実験室的な雰囲気は漂うかも。(ブレイキングバッドとかフリンジとか)

紫外線カット素材で、パッケージのイラストにあるようにガレージや倉庫など外で使用するように考えられているので、ゴツめなのは仕方ないですね。

でもその分、しっかり仕切れると思います。

これでひと晩寝てもらったところ、エアコンが効きすぎて寒いくらいだった!

部屋を涼しくする作戦は成功したようです。

部屋を狭くしたので電気代も抑えられるのでは、と期待しています。