softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

ノースフェイス「オールマウンテンジャケット」(メンズ)を試着してみました(感想&評価)

ノースフェイス「オールマウンテンジャケット」(メンズ)を試着してみました


ノースフェイス「オールマウンテンジャケット」を試着してみました。
Mサイズを試着。
身長は172cmで、中肉中背体型です。
Sサイズでも着用できると思いますが、現品はありませんでした。
上着として着用するなら、インナーのことを考えてMサイズがいいかな、と思います。
着丈が短めです。
MサイズはSサイズより2cm長く、着丈72cmとなっています。

オールマウンテンジャケットはノースフェイスの定番商品です。
お値段が49,680円(税込) するので、サクッと購入するのは無理なジャケットですね。。。
でも、試着してみたら「おぉ!欲しい!」と思いました。
でも、ゴアテックスジャケット持ってるしなぁ。
でも、このオールマウンテンジャケットは今までのゴアテックスジャケットと全然違うのです!!!!!!!!!
あぁ!試着するって危険!


オールマウンテンジャケット(メンズ)
All Mountain Jacket
商品型番 NP61502_K_XXL
49,680円(税込)

ゴアテックスの新しい裏地構造・C-KNIT バッカーを採用した、軽さと強さを併せ持つ防水シェルジャケット。
非常に細かく薄いマイクロトリコットの裏地は、従来の透湿性能と比較して15%以上向上しています。雨天や晴天にかかわらず幅広いシーンで着用しやすく、70デニールナイロンを使用した防護性の高い表素材で春夏のアルプス登山での長期縦走にはもちろん、残雪期のアイゼンを使用するシーンにも活用できるオールシーズン対応モデルです。
【Fabric】 70D GORE-TEX C-Knit Backer(3層)(表:ナイロン100%、中間層:ePTFE、裏:ナイロン100%)
【Function】 フロントダブルフラップ仕様/フラットベルクロ仕様/ワンハンドアジャスター対応フーデット/脇ベンチレーション
【Weight】 490g
M 身幅59 着丈72 裄丈86

ノースフェイス「オールマウンテンジャケット」(メンズ)を試着した感想

生地が柔らかい!
え!
こんなに柔らかくなってるんだ!
ゴアテックスって「ゴアゴア」じゃないですか、普通。
でも、この新しいオールマウンテンジャケットは柔らかいです。
なので、脱ぎ着がしやすいです。
そして直接肌の上に羽織ってもベタつきがありません。

そして軽い。
重さは 490gです。

どうしてこんなに柔らかくて、肌触りが良いかというと、生地にゴアテックスの「C-KNIT バッカー」を採用しているからです。
C-KNIT バッカーの生地の利点は

・柔らかめ

・以前の3層構造のゴアテックスより、最大15%以上の通気性

・最大10%以上の軽量化

・永続的な防水性と防風性を備えている

生地も進化してるんだなぁ



襟も高めで首もとの風の侵入を防ぎます。
フードも大き目で、被っていないときは、生地の立体的な作りのおかげでシルエットが良く、後頭部の中頃まで覆います。
寒いときにこのフードがあるのと無いのとでは全然違うことがよくわかるんですよ!
後頭部周囲が覆われているだけで、やっぱり温かいんです。

ツバもついていて、後頭部のアジャスターでフードがズレないように調節できるようになっています。
アウトドアブランドの良いところは、きちんとその用途に見合った作りになっているところです。
ファッション重視のアイテムですと、フードがかぶれないほど小さい作りになっていることもありますから。
つまり、フードがお飾りなんです。

その点、このオールマウンテンジャケットのフードなら、雨や雪が降って、フードを被る必要性が出て来たときに「めちゃめちゃ便利!」と感じるはずです。
バイクや自転車でも重宝します。

しかも、オールマウンテンジャケットはコンパクトに畳むこともできます。
コンパクトに畳んだとき用の収納袋もついてます。
ゴアテックスを片手サイズにまで小さく畳めて携帯できるって、結構すごい。
今までのゴアテックスの「ゴアゴアの生地」だったら無理です。
コンパクトにするにも限界がありました。

しかしオールマウンテンジャケットなら、脱いでカバンにしまっておくこともできます。
うむー、こうして書けば書くほど便利だと思う。。。

腕には「サミット」のロゴがあります
サミットとは残雪の山や高所へのアタックを続けるクライマーをサポートする頂上アイテム群です。
オールマウンテンジャケットはその名のとおり、登山向けの本格志向の上着なので、フロントを3重に閉める構造になっており、普段着とする場合にはそこがちょっと煩わしいです。

しかし、ゴアテックスでこの生地の柔らかさ、軽さはいいです!
そんなに登山しないけどこういうゴアテックスの上着を持っておきたいという人には、普段着として羽織っても違和感のないデザインと質感なのでクローゼットに眠らせることなく活躍させることができるのでおすすめだと感じました。

関連リンク
softcandy.hatenablog.com