読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

つばめグリル「つばめ風ハンブルグステーキ」を食べてみました!(感想)


カンブリア宮殿でも紹介されていた「つばめグリル」!!

東京駅のつばめグリルDELIでお持ち帰りがあると知って購入してきました

東京駅構内1階 サウスコート内(エキュート東京)にあるんですが、もぉー!東京駅は意外と入り組んでいて、そこに行きつくまでダンジョンですよ

はっ!

これぞダンジョン飯


ダンジョン飯

つばめグリルは1930年(昭和5年)創業の品川駅前店を基幹店とするレストランで、東京都、神奈川県の商業施設を中心に出店しています

つばめという名前の由来は、“特急つばめ”にちなんでいます

名物料理はアルミホイルで包まれふっくらと膨らんだつばめ風ハンブルグステーキ

昭和40年代、魚や肉などを包んで蒸し焼きにするパピヨット料理をヒントに開発され、アルミホイルで包まれたままお客様に提供するという演出が受け、1日に6500個売れる大人気料理です

ハンブルグステーキに使用する肉は牛肉・豚肉ともに一頭丸ごと仕入れ、使用されています

店舗においては、一日に何度も肉を挽いてパテにするというこだわりです

近年、テイクアウト専門店「洋惣菜店 つばめGRILL」をオープンさせ、気軽にその味を楽しめるようになりました


つばめ風ハンブルグステーキを食べてみました!

つばめ風ハンブルグステーキはアルミホイルのままフライパンで弱火で7〜9分温めます

アルミホイルが膨らんできたら温まった証拠

価格は

つばめ風ハンブルグステーキ 780円
から揚げ ひとパック(5個入) 400円
メンチカツ 1個 150円
ホタテクリームコロッケ1個 220円

高級お惣菜ですね

購入されている方もマダムばかりでした

ちょうど休憩時間だったのか、店員さんがひとりで「店員さんがお惣菜を取って詰めてレジをする方式」なので前のマダムが「それも」「あ、これも」と追加しながら購入するのをジッと待たねばならなかったのが難点でした

購入するのに時間がかかります


おー!ホッカホカに温まってますよ〜


つばめ風ハンブルグステーキ

デミグラスソースが大人味!

余すことなく全部食べたくなるソースです

ハンバーグもふっくらしていて、美味しいです

作りおきでこんなに美味しいのだから、店舗で食べたらもっと美味しいのだろうな〜

写真ではわかりにくいですが、ひと口大の牛肉とインゲンも入っていました

牛肉も柔らかかった〜

温め過ぎたのか、アルミホイルにくっついてしまっていました


から揚げも柔らかく優しい味がしました

メンチカツは脂っこくなく、ふわっとした食感

ホタテクリームコロッケはトロッとしつつも柔らかすぎないクリーミィーな味が絶妙


そう言えば、トマトのファルシーサラダも有名でした!

デリを食べてみて、つばめグリルの店舗に行って食べてみたくなりました



◆関連リンク
パティもこんがり焼けました。極めて錆びにくいフライパン「リバーライト」極
オフィスで飲み物を節約!THERMOS 真空断熱ケータイマグ 0.75L JNL-751 (感想)
姿がきれいで、できるだけ細く、折れにくく、握りやすく、高価でなく「工人舎の削り箸」福山修一 ベルリン、バウハウス資料美術館にも収蔵
自宅で大量に「から揚げ」を作るための揃えておきたい道具  山田工業所 中華鍋 穴明 柳宗理 ステンレスボール ステンレストング グレープシードオイル

広告を非表示にする