読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。


スポンサーリンク



人気ブログランキングへ

楽天のクレジットカードを使用してますが、アマゾンのクレジットカードと比較して本当にこれでいいのか見直してみた

Amazon関連

年会費無料のクレジットカードを比較検討して見直してみる

現在、主に使用しているのは楽天カード(年会費無料)のクレジットカードです。


理由は

楽天でのお買い物が多く、カード支払いをするとポイントが4倍になる(通常の使用では100円=1ポイント)


・溜まったポイントで楽天でお買い物できて都合が良い


JCBカードを選んだ場合、セブンイレブンナナコカードを利用して税金を支払いポイント還元させることができる
税金をクレジットカードで支払ってポイントゲット!「nanacoカードで5万円以上の税金を支払う方法」

しかし、最近アマゾンで

Amazonプライム会員(年会費3900円)になったこと

Audible(オーディブル)という朗読サービスを無料体験して気に入ったこと(月額1500円)

Kindle Unlimited 読み放題、を無料体験して気に入ったこと(月額980円)

以上のことがあり、

クレジットカードで特典があるのでは?と思い検討してみることにしました。


Amazonプライム特典が使い放題になるのは「Amazon MasterCardゴールド」

Amazonプライム特典が使い放題になるのは「Amazon MasterCardゴールド」です

年会費 10,800 円 (税込み)

ですが、

年会費割引というのがあって、利用条件を満たせば初年度の年会費は4,320円になります

(マイ・ペイすリボ登録+年一回の利用で△5400円、WEB明細利用△1080円、つまり10,800円−5400円−1080円=4320円)

うーん、結局はAmazonプライム会員の年会費ほどの出費はどうしても必要なようです

しかし、タイミングが良ければ入会時にポイントを付与してくれる特典キャンペーンが実施されることもあるようなので実質無料になる場合もあるようです

入会時に特典がある場合はチャンスですね


でもどうぜプライム会員に入会するのであれば、4320円−Amazonプライム会員(年会費3900円)=420円 となり、

420円プラスするだけで、ゴールドカードにすることができる!という考え方もできます


ゴールドカードは充実している!

Amazonでのお買い物は、2%ポイント還元、それ以外でのお買い物は1%ポイント還元が受けられます

ショッピング保証 最高300万円

ゴールドカードには海外旅行傷害保険が付与されています


死亡・後遺障害  最高5000万円
治療費用 300万円
携帯品損害 50万円
賠償責任 5000万円
救援者費用 500万円


もちろん、国内旅行傷害保険も付与されています

死亡・後遺障害  最高5000万円
治療費用 入院保険日額5000円、通院保険日額2000円、手術保険金 最高20万円

そして

空港ラウンジが無料で利用できます
(新千歳、成田、羽田、中部国際、関空、福岡など主要空港)


なーんと、420円プラスするだけで、これらの特典を得ることができるじゃあーりませんか!

(先にも述べた通り、割引の条件を満たす必要があります)


しかし、わたしには縁が無い特典

楽天カード(年会費無料)には海外旅行傷害保険がついています

海外旅行中の病気やケガを最大2,000万円まで補償し、疾病治療費や賠償責任、携行品損害も補償があります

カード盗難保険もついていて、カードを不正に利用されても当社規定により損害額を補償してくれます

補償額はさすがにAmazon MasterCardゴールドのほうが大きいし、救援者費用もついていて内容がより充実されています

しかし近年、旅行に行く機会が無くこの特典がついててもなぁ、、、と思う所はあります


国内空港ラウンジが無料には少し魅力を感じます

出張で飛行機を利用する場合、空港ラウンジを使用できると便利なのです

例えば、羽田空港のエアポートラウンジは1,030円フリードリンクサービス(ソフトドリンクのみ)、ラウンジ&化粧室&シャワー+フリードリンクサービス(ソフトドリンクのみ)2,060円です

年に一度以上空港ラウンジを利用すれば、420円プラスは「アリ」だと思います


検討した結果

我が家の主要クレジットカードは楽天カード(年会費無料)のクレジットカードで充分です。

アマゾンでの買い物を楽天カードで決済すると100円=1ポイントで、Amazon MasterCardゴールドに比べれば還元率は劣りますが、クレジットカードの併用は管理が面倒になりつい買いすぎる原因になったり、楽天カードで支払いを統一することで会員のランクを高めることができます。

買い物の金額によって楽天では、ダイヤモンド会員、プラチナ会員などのランクが設けられており、何かしら特典が受けられることがありますしね。

私には楽天カードのほうがメリットが大きいです。