読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

ネットが普及した頃ってそうそう、こんな感じだった!「僕とポーク」ほしよりこ


きょうの猫村さんの作者でもあるほしよりこさんの僕とポークを読んでみました。

僕とポークは4つの短編漫画からなる本で、まず1話目の「たろちゃん」の20ページ目でブッと吹き出してしまいました。


きょうの猫村さんでも独特な世界観があり、孫の手で背中のかゆいところに手が届いたような、そんな感じがするとは思っていたのですが、「たろちゃん」は、現実の中に非現実のちょっとしたスパイスが効いていて、わさびのようにツーンとくるけど美味しい!みたいな感じがします。


僕とポーク

この本が出版されたのが2007年。

内容が少し以前のことで、ネットが普及した頃を覚えている人なら笑えるし、生まれた頃からネットのある人にはファンタジーな内容だと思います。

そう思うと、なんだかすごい作品だなぁ。


本のタイトルにもなっている僕とポークでは主人公がご飯を残したときに、外国で飢えている難民の人達のことを両親が言って食べさせようとするのですが、そのときに抱いた疑問や、そこから広がりを見せる空想的なストーリー展開がやはり独創的で引き込まれます。

少し文字が読みずらい所もありましたが、絵日記のような雰囲気もあり、作品の味が良く出ています。

これを読んでますます他の作品も読みたくなりました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
逢沢りく(上)【電子書籍】[ ほしよりこ ]
りくは中学生。おしゃれなパパと、カンペキなママ、「オーラがある」と友だちが憧れる、ちょっと特別な存在。美しい彼女は、蛇口をひねるように、嘘の涙をこぼすことができた。悲しみの意味もわからずにーー『きょうの猫村さん』で老若男女の心を鷲掴みにしたほしよりこの、傑作長編コミック! 第19回(2015年)手塚治虫文化賞マンガ大賞

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
山とそば(新潮文庫)【電子書籍】[ ほしよりこ ]
松本でそばを堪能し、足をのばして上高地へ。この世のものとは思えない景色を眺め、白骨温泉に宿泊。福岡出張からの帰りみち、途中下車した岩国で、シロヘビにおっかなびっくり。新大阪発の新幹線「さくら」でたどりついた鹿児島では名物「白熊」に舌鼓。おいしい食べもの、優しい人、忘れられない景色。出会いいっぱい、旅の絵日記。

広告を非表示にする