読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。


スポンサーリンク



人気ブログランキングへ

セックスレスからはじまる。31年目の夫婦げんか

映画


メリル・ストリープトミー・リー・ジョーンズが31年連れ添った夫婦を演じる31年目の夫婦げんかを見ました。

メリル・ストリープトミー・リー・ジョーンズがケンカしている予告を見て気になっていた映画。

で、フタを開けたら、セックスレス問題でした。

アメリカではセックスレスになったら別れ時、、、なんてどこかで聞いたけれど、この夫婦の危機も発端はセックスレス

でも、相手のことは愛してる、という感じ。


メリル・ストリープトミー・リー・ジョーンズが、どこにでもいそうな夫婦を演じているのがすごい。

やりとりが生々しかったり(両親のセックスを見てるような場面も)、どこかコミカルだったり、やっぱりこの二人だから見られる映画になっているんだろうな、と思わせる「微妙」な内容だけど、同じ悩みを持つアメリカ人にしたら、セラピーでどんなことを話すのか、どうやって夫婦仲を取り戻すのか、とても興味深い映画だと思います

ちょっと前に、長年の結婚生活を記念して、もう一度結婚式をあげる、なんてのが流行ってたけど、それをくだらない、と思う人に見て欲しいです

私もこの映画を見るまでは、くだらない、とまでは思わなくても「何それ?」思ってましたが、この映画を見たら、こういう感じならする意味はあるなぁ、と思いました。


31年目の夫婦げんか(字幕版)
いつのまにか寝室は別、夫の唯一の趣味はゴルフ番組、毎日の日課も夫婦の会話も365日ほぼ同じ。争いもない代わりに、喜びもない──そんな結婚31年目。ある日、妻は自分の心に問いかけた。「死ぬまで、この生活の繰り返しで、私は幸せ?」
夫婦の絆を見つめ直したいと思い立った妻と、変化を恐れるガンコで保守的な夫。互いの残りの人生をかけた、真剣だけれどユーモアいっぱいの“31年目の夫婦げんか”が始まった──!

男女の考えの違いが表現されているのが面白く、トミー・リー・ジョーンズが演じるアーノルドの職業が税理士という設定をすることで更に強調されているのが自然です。

「朝食に11ドルだって!?(高っ!)」「セットにすると1ドル高くなるからいい」と発言したり、ロマンチックなホテルでセットに含まれている「イチゴ」をやたらすすめたり(食べないと勿体ないから)、アーノルドの性格がよく出ていて面白いです。

極めつけは「どうして私へのプレゼントが給湯器なの!?」と妻のケイが言ったのに対し、アーノルドは「欲しがってたじゃないか」と。

はははっ。

そりゃ、ケイはガッカリだわ。

給湯器は生活必需品であって、ケイへのプレゼントと言うには合理的すぎます。

妻や夫へのプレゼントを考えるのは難しい。

特に女性は男性に察して欲しい、、、と感じているようですが、これはアメリカも同じなようですね。

素直にプレゼントして欲しいモノを相手に伝えるのが良いんでしょうね。

ま、リクエストしてもスルーされることはあるからこれまた難しいんでしょうけど。

カウンセリングを受ける前のアーノルドだったら、絶対にケイの素直なリクエストをスルーすると思う!(だから言えなかったのだとも思う)


アーノルドの同僚が、ポツリといい言葉をかけるんですよ

すごく短くて何気ないシーンなんですけど、私はいちばん好きかも

あの言葉がなければアーノルドは別の人生を歩んでいた可能性大!

良い同僚に恵まれるというのは、人生が豊かになるなぁと感じます

先日、元同僚で十数年付き合いのあった友人がこの世を去ったのでしみじみそう感じます

何気ないひとことでも、その人の人生を大きく左右させることってありますよね

私もある人の結婚式に出席した際に「おかげで結婚できた」と言われたときには驚きました

確かに真剣に答えたけれど、彼女の人生にそんなに大きく影響を与えたとは!

ヒヤリ

でも、幸せそうなのでよかったです


三菱鉛筆 印鑑ホルダー ユニ はん蔵 紺 HLD502.40

広告を非表示にする