読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

ミッテラン大統領プライベートシェフの実話「大統領の料理人」


Amazonのプライム会員サービス向けの動画サービスがようやく解禁!

けれどもフタを開けてみれば全部の動画が解禁されていなかった!

ほんの一部のみ見放題

その一部解禁の中から見たのがフランス映画「大統領の料理人

以前に予告を見て、美味しそうだなぁ、と。

郷土料理を得意とする主人公の女性シェフが、大統領シェフとして活躍する、、、ミッテラン大統領プライベートシェフの実話。


大統領の料理人(字幕版)
片田舎で小さなレストランを営むオルタンス・ラボリがスカウトを受け、連れて来られた新しい勤務先はエリゼ宮。そこはなんとフランス大統領官邸のプライベートキッチンだった。
エリゼ宮史に名を残す女性シェフの真実が今、明かされる。

オルタンス・ラボリの作る料理は、華やかさには欠けるけど、どれも美味しそう!

しかし、オルタンス・ラボリが苦悩しているのはわかるが、その内容がわかりにくい。

どんどん息苦しくなっているようなのだろうけど、、、それが伝わってきにくい。

料理人としての苦悩がもっと描かれていれば、と思う。


オルタンス・ラボリが厨房のシェフから歓迎されていない様子を見て思い出したことがある。

仕事をしていて、身に覚えが無いのにどうやら嫌われているようだぞ、と思うことがかつてあった。

仕事に支障が出だしたので、先輩に相談したところ、誰かが私のことを褒めたのが気に入らなかったんじゃないか、と。

妬み?

結局、彼女は辞めた。

そして、辞めた後で「随分といじめられてたね」と周囲から言われたのもショックだった。

気がついてるなら、なぜ助けない!?

ホワイジャパニーズピーポー!!??

それ以来、私は誰かが困っていそうなときは、大丈夫かどうか声を掛けるようになった。


マダム・マロリーと魔法のスパイス(字幕版)
南フランスでマダム・マロリーが営む名門フレンチ・レストランの向いにできたインド料理店。

広告を非表示にする