softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

日本野鳥の会「バードウォッチング長靴 」を履いて歩いてみた感想


ものすごい土砂降りの日やその他の雨の日に日本野鳥の会「バードウォッチング長靴 」を履いてみたので感想をレポしたいと思います。

まずサイズ感。

普段26〜26.5cm(足の甲高め、足幅2E程度、足のサイズ25cm)を履いています。

サイズ選びは「普段のサイズより1つ大きいサイズをおすすめします」とあり、様々な口コミを参考に(3L・28cm)を購入しました。

購入した(3L・28cm)はやや大きく、冬場に厚手の靴下を履いてもつま先が余りそうです。

2Lでも良かったかな?と思わなくもないです。

ただ少し大き目なので、脱ぎ履きがしやすくはなっていると思います。


[日本野鳥の会] Wild Bird Society of Japan バードウォッチング長靴 LL(27.0cm) ブラウン
ゴム長靴の専門メーカーのご協力で、使用アンケートなどをもとに製作。
干潟やぬかるみでも行動しやすくバードウォッチングに適した、日本野鳥の会オリジナル仕様の長靴です。
一般的な長靴よりも動きやすく、活動的に履けます。 バードウォッチングにはもちろん、ガーデニング作業や、野外キャンプの際に持って行くと役立ちます。
クルクルたたんでコンパクトに収納袋に収まり、軽量、携帯に便利!
素材:表/天然ゴム、裏地/ナイロン 重量:460g(Lサイズ片足)、収納袋付(日本野鳥の会ロゴマーク入り)


今までの長靴の中では歩きやすいです。いつも雨の日は水が驚くほど跳ねてしまうのですが、これは丈が長いので安心、、、と思っていたら、別の落とし穴が!

上部のギュッと絞れるようになっている布地が切り替わっている部分の裏地にはあて布が無く、蒸れて汗をかいてしまいます。

おかげでその周辺が汗でべっしょりに、、、これはかなりのマイナス点。

ものすごくショックです!

そのような口コミは今まで見かけたことがないので、汗かきでなければ気にならないのかもしれません。

そして、ショックがもうひとつ。

6月10日にグレーが限定復刻発売されたのです!!(ギリギリギリギリ)

その限定色が発売されるとHPにぽんっ、と購入後に掲載されていたのです!

なぜーーーー!このタイミングーーーーー!

グレーいいじゃないの!


(BW-01)日本野鳥の会 バードウォッチング長靴 レインブーツ/ラバーブーツ グレー SS

他にもレッドネイビーが限定復刻されています。。。ネイビーもいいなぁ。

関連リンク
softcandy.hatenablog.com
スポンサーリンク

広告を非表示にする