softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

ものすごく前に買ったパテなんですが、まだ使えました!「かべ紙パテ」矢沢化学工業


壁紙がボロボロのところがありまして、直したいなぁと思いつつ放置していたのですが、物置に放置されたかべ紙パテを見かけて、、、。

猫が壁をよじのぼってついた爪痕に、パテを塗って穴埋めをし、その上から壁紙を貼る、という流れがピーンと閃きまして、物置からかべ紙パテを引っ張り出してきました。

ものすごく前に、壁に穴をあけた際に購入したものです。

下手すると十年くらい前かもしれない、、、。

今はDIYが流行っていて、個人向けの商品の種類がたくさんありますが、当時のホームセンターではかべ紙パテ1.5kgしか販売されて無くて「こんなにいらないなぁ」と思いながら買った記憶があります。


かべ紙パテ 1.5kg
約15㎡(目安、襖9枚分)
水性ペーストタイプ、下地のへこみ、溝、ひび割れをうめる下地調整剤。乾燥時間目安、うす塗り2〜4時間、雨天時は4〜8時間になることもあります。


かべ紙パテの中はカチカチかなぁ?と期待せずにフタを開けたら水滴が!

もしかして、まだ使える!?

開けてみたらフチのほうは固まっていましたが、中は柔らかい!!

割り箸でぐりぐりとかき混ぜてみたら使えそう。すごーい!

矢沢化学工業を調べたら壁紙施工のパイオニアなんだとか。

なるほど商品としてとても優れているのが伺えます。

こちらのパテは塗りはじめは「黄土色」ですが、乾いてくるとアイボリー系のホワイトになりました。

壁に空いた穴にも塗ってみましたが、乾いてみるとあまり目立たなくなりました。

パテを塗った後は壁紙を貼ったところもありますが、小さなものはその上から白いペンキを塗りました。

特に問題無く補修できました。