読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。


スポンサーリンク



人気ブログランキングへ

外壁塗装の色選び・リフォーム、なぜ外壁塗装をするのか?

DIY


外壁の塗装をすることにしました。

外壁塗装は見栄えが良くなることよりも、外壁のメンテナンスが理由です。

外壁の汚れを洗浄し、塗装し直すことで防水効果を高め、外壁を修繕する必要が出てくるまで放置せずに、長持ちさせることが目的です。

長年経過すると、よーく見ると外壁にひび割れがあったりするんですよ〜。

また、サイディングの場合、ボードが浮いてくることがあります。

下からよーく見上げると反っていたり、膨れ上がっているのが確認できる場合があります、

それを放置しておくと、隙間から雨水が入りやすくなったり、地震などの衝撃でボードが落下することもあります。

そのようなボードのメンテナンスを同時に行うのが、外壁塗装です。

ですから、外壁塗装を見積もる際に、ボードの浮きやひび割れについてどのようなメンテナンスを提案してくれるのか質問するのも大事だと思います。

修繕方法としてビスを打ち込んでボードを引っ込める方法がありますが、熟練した職人さんが行わないと、太陽の熱でボードが膨張した際に割れてしまうこともあります。




さて、外壁塗装の色選びは悩ましい。。。


日本塗料工業会発行 色見本帳 2015年H版 塗料用標準色(ポケット版) 日塗工・色番号・マンセル

業者さんが色のシュミレーションをしてくれるところが増えていますが、実際に塗ってみると、太陽の光の具合で違って見えたりすることもあるそう。

色はグレーにするつもりです。

グレーは汚れが目立ちにくい、と言われています。

汚れてもいいから、真っ白にしたい!という方は多いですね。

軒が出ているお宅だと壁は汚れにくいそうなので、新築の方は軒を長めにするなど検討工夫するといいかも。

日本塗料工業会発行 色見本帳を実際に壁にあててみます。

すると、想像していたよりも現在の壁の色は濃いのだなぁと思いました。

どうやら広い面積に塗ると、思っていたより薄く感じるようです。

そのことを考えつつ、色を選びます。


塗料・塗装のトラブル対策 現場で起きた欠陥事例と対処法
トラブルに対処するために必要となる、塗料・塗装に関する基本知識をわかりやすく解説するとともに、著者の長年の経験をもとに、現場で実際に起きた種々のトラブル事例と、その解決方法を紹介する。技能伝承のために著者が集めてきた事例も数多く開陳。

濃すぎる色はかえって雨染みが目立つとも言われますし、色褪せが激しく見えることもあります。

そう言えば数年前に塗装された真っ青な家は、あっという間に色あせしてました。

もしかしたら、それくらいの青に落ち着くように最初に真っ青に塗ったのかもしれませんけれど、濃い色は変化が激しいようです。

最近は黒っぽい家も多くてかっこいいんですけどね!

塀がブラックになっているところを見たんですが、屋根付きのその塀は蜘蛛の巣が目立ってましたから、真っ黒にするよりは、ややグレーよりにするとかちょっと工夫したほうがいいかもしれないなぁと思いました。


アサヒペン ペンキ 水性スーパーコート 水性多用途 白 1.6L
超耐久2倍長持ちでしっかり住まいをまもる
フェンス・門扉・鉄作・看板、カラーベスト・スレート瓦・セメント瓦・トタン屋根・トタンベイ。コンクリート・ブロック・各種サイディングなどの外壁やへい。
塗りやすく素人にも十分扱えます。

あと、黒っぽい家は夜になると暗闇と馴染んでしまうので、道路に面している家だとちょっと危ないかも。

以前に「車が二度も飛び込んできた」と言うお宅がビフォアーアフターで紹介されていて、匠はガラスが混じって、光が当たるとキラキラ光るホワイト系の塗料を壁の一部に採用していたかと思います。

外壁の色選びも好みだけででは無く、立地にも合わせて考えたほうがいいようです。

周囲との調和もありますしね。

以前にドピンクのマンションを見て、本当にこれを選んだのかなー?と不思議に思ったりもしました。

外壁の色選びをしていると「どうせなら冒険してみませんか?」と言う業者さんがいたり、選んでいるうちに「いっそのこと冒険した色にしよう!」と思ってしまうことがあるようです。

結局は最初に「これがいい!」と思った色が正解なのかもしれません。

後日に実際に選んだ色をUPしたいと思います。


最高の住まいをつくる「リフォーム」の教科書 (PHPビジュアル実用BOOKS)
「家を建てる」で長年ナビゲータを務める“間取り博士"が、好評の前作『最高の住まいをつくる「間取り」の教科書』に続いて、住宅の「リフォーム」についてゼロからわかりやすく解説します。
リフォームの形としては、大きく分けて、(1)いま住んでいる家全体を、より快適に改善する。(2)新たに中古のマンションや一戸建てを手に入れて、住みやすい形にリノベーションする。(3)家の傷んだ小規模な部分を修繕する。といったものがあります。

広告を非表示にする