読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

ぐりとぐらの切手シート


ぐりとぐら」の切手シート買っちゃいました。

ぐりとぐらは1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話です。

第一作となる「「ぐりとぐら」は、二匹が見つけた大きなたまごから、大きなかすてらを作るというストーリーで、読むと、とってもワクワクします。


ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話。
ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら

この本を読んで大人になったであろう人が、絵本からうまれたおいしいレシピという本の表紙で、そのカステラを再現したものが掲載しているほど人気!


絵本からうまれたおいしいレシピ ‾絵本とお菓子の幸せな関係‾ (e‐MOOK)


ぐりとぐらがカステラを作っているところから、おもちや雪だるまなど冬のシーンもあり、場面に合わせて使用することが出来そうです。

切手て、意外と気になったりしますねぇ。



ぐりとぐらは、確か図書館でよく借りてた本で、いつも人気でした。

自宅には同作家のそらいろのたねがあって、この話がまたすごく好きでした。

そらいろのたねを植えると家が生えてくるんですよ!


そらいろのたね(こどものとも絵本)

広告を非表示にする