背面メッシュで背中が涼しいバックパック。レインカバー付リュック、グレゴリー「Z35」リュック(その1)35L 37L(感想レビュー)(登山・ハイキング)


通勤用にグレゴリーのZ25を購入したんですが、容量の割にコンパクトなリュックなことが判明し、もっと容量の大きなタイプでも普段使いにできるのでは?

それに機能的な面でZ30以上のモデルが優れているし、お値段もお手頃、、、、。

すると入荷したてのZ30が実店舗にあると聞き、さっそく試着してきました。

それで2時間程悩んだ末に購入したのはGREGORY(グレゴリー) Z35のLサイズ。

Z25にはサイズが無いのですが、Z30以上のモデルにはM、Lとサイズがあります。

ベルトなどの長さの違いでM、Lとあるのですが、容量も異なり、Z35のLサイズの容量は37Lになります。ややこしい〜。

背の高い人や、胴が長めな人はLサイズのほうがおすすめです。

背面メッシュだけにこだわっているなら、後付けできる背面メッシュ・アイテムがあります。

お気に入りのバックパックに取り付けるだけで、背面メッシュになります。

MV9201 エアーメッシュパネル S

MV9201 エアーメッシュパネル S

 

グレゴリーZ35詳細

Z35は大好きなトレイルで丸一日を過ごす時も、新たなルートを開拓する時も、あなたのマストアイテムとなることでしょう。フィット性、機能性、全てが詰まっています。

・新改良CrossFlo サスペンション採用
・通気に優れたベンチレーション・バックパネル
・クイックドロー開閉式メインコンパートメント&大開口のU字型フロントアクセスジッパー
・フローティング・トップポケット(容量対応可能な雨蓋)&雨蓋内側にキークリップ付きのジッパー式ポケット
・より優れたフィットをもたらすラッピング式パッドを備えたウエストベルト
・フロントバケットポケット
・両サイドの伸縮性に優れたウォーターボトル用ポケット
・両ウエストベルトのアクセスしやすいジッパーポケット
・給水パック用スリーブおよび両サイドのチューブ引き出し口
・収納式アックス/トレッキングポール用ループ
・サイド、ボトムのコンプレッション機能
・本体と同系色のレインカバーが付属
・210デニール・ロビックダイナジン/100デニール・ロビックGRシャドーボックス/200デニール・ポリエステルオックスフォード/256gストレッチ織ポリエステル/190デシテックス・ナイロンタフタ素材使用



スポンサーリンク


あっちこっちにサイズ調整できる紐がついていて、ぐいぐい、と引っ張るだけでコンパクトにできます。

簡単!

それにZ25で心配してた雨の侵入も、Z35では上から覆われているので心配がありません。


スポンサーリンク



通気に優れたベンチレーション・バックパネルは全モデル共通。



スポンサーリンク


背負うと背中の間に隙間が出来て蒸れを減少。

メッシュのバックパネルが背中にフィットしているので、背負い心地は良いです。

エストベルトでしっかり荷重を分散してくれます。


両サイドの伸縮性に優れたウォーターボトル用ポケット。

水筒を2本持ち歩けるのが良いです。

Z25よりもポケットが浅めに感じますね。

見比べてみたんですが、やっぱり浅い気がします。


【2014】【新作】グレゴリー Z35|ザック|バックパック|リュックサック|富士山登山|通販|...
Z35は大好きなトレイルで丸一日を過ごす時も、新たなルートを開拓する時も、あなたのマストアイテムとなることでしょう。フィット性、機能性、全てが詰まっています。


Z25にはついていない、ウエストベルトのジッパーポケット。

両サイドについています。


iPhoneだって余裕で入っちゃう。

これならポケットが欲しい!ベストを着よう!なんてことは無さそう。

便利。

長くなったので、翌日に続きます。