softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

ほのぼのなようで毒有り「沢村さん家のこんな毎日 平均年令60歳」益田ミリ


益田ミリさんが、週刊文春で連載していたなんて知らなかった!

それが沢村さん家のこんな毎日 平均年令60歳です。

「40歳の独身ベテランOL」が両親と実家暮らし、、、1970年代生まれにはドキッとするようなシュチュエーションですね。

家族だからちょっと毒の効いたことを言ったり、70歳のお父さんの言動が加齢からくるものなのかとハラハラしたり、絶妙な場面が描かれていてじわじわくるユーモアが感じられます。


沢村さん家のこんな毎日 平均年令60歳
スポーツジムや図書館に通ったり、レンタルDVDで昔の映画を観たりと、定年後ライフを満喫中の70歳のお父さん。
陽気で友だちが多く、お父さんには内緒で高級ランチを食べに行ったりもしている69歳のお母さん。
未婚で彼氏なし、実家でお母さんのおいしいごはんを食べて平和に暮らしてはいるけれど、将来への不安も頭をかすめる40歳のベテランOL、ヒトミさん。
そんな平均年令60歳の沢村さん一家が、和菓子を食べながらおしゃべりしたり、テレビを見ながら団らんしたり、たまには些細なことでケンカになったり……。
あるときは親と子の、あるときは長年連れ添った夫婦の視線で、お互いを思い合う気持ちを描き、“「あるある」と共感して笑いながら思わずホロリとくる”と幅広い世代に大好評、『週刊文春』の人気連載が単行本化。
描き下ろしマンガ「沢村さん一族の長い一日」や「沢村さん家の間取り図」も収録。

「ジムのこと」「ジムのきっかけ」「なにかが違う?」「不思議な習性」あたりが私は好きでした。

こうして挙げてみると、私は「お父さん」のエピソードが好きみたいです。

◆関連リンク
「子供のときのわたし」は今につながっている「おとな小学生」益田ミリ
マンガでは読めないちょっとHな益田ミリ「五年前の忘れ物」
鹿児島の大声コンテストなど「心がほどける小さな旅」 益田ミリ

広告を非表示にする