softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

アレ系の中華は独特の味「京都の中華」姜尚美


京都で鳳舞のシュウマイを食べたときの衝撃はすごかった。

シュウマイと言えば、肉団子の塊のようなものだと思っていたのだが、鳳舞のシュウマイはシャキシャキとした食感で、今まで食べたことが無い。

一人前を二人でわけて食べようと言っていたのに、美味しくて追加注文した。

鳳舞の中華は「和風な中華」というか、独特なものがあり、以降、京都の老舗の中華を食べて同じ系統の味に遭遇する度に「これはアレ系なんだな」と自分の中で「京都の中華」というジャンルが確立していった。

そこで出会ったこの「京都の中華

おぉぉぉ!

著者が冒頭で”「京都の中華は美味しいらしいね」と京都の人ではない人に言われたことがある。一瞬、どう返答しようか迷った。おいしい、確かに。でも伝わるかなぁ、あの静かな味ー。”と言っていて、「そうそうそうそうそう!」と膝を打った。

前回に紹介したあんこの本でも感心したが、さすが姜尚美さんである。目の付け所がいいなぁ。感心しちゃう。


京都の中華
京都の中華は、ちょっと違う。それそれのお店に、歴史や風習と人々の好みが合わさった、「京都でしか成り立たない味」がある。
にんにくなし餃子の味の軽やかさ、はちみつみたいなタレがかかった酢豚の味のきれいさ、かやくごはんみたいな焼飯の味のまるさ…。
花街をはじめとする様々な文化に育まれた味の秘密に迫る、京都中華の名店ガイドの決定版です。
江戸時代までさかのぼりながら、京都と中華の歴史をひもとく「京都と中華」コラムも充実。
中華料理を味わえば、「京都らしい京都」が見えてくる!

本書はカラーで中華を紹介しており、どれも美味しそう。

店主の貴重なインタビューも読むのが楽しい。

またハマムラと鳳舞の関連性や、高華吉さんについてのコラムが興味深く、そうやって京都独自の中華が進化していったのだと納得した。

全てが京都のお店なので、コツコツと通えば制覇できそうな気もする。

しかし、中にはご高齢な方もいらっしゃるし、本書にもあるがお店が閉店したり、仲間が再結成して新たに店をオープンさせて味を継承したりと、それなりの動きがあるので、いつまで味わえるかわからない。

とりあえずどこから食べに行こうか?

計画したくなる本です。


ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく京都 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
絶品のご当地グルメが食べられ、かつあまりガイドブックに乗っていないお店がズラリ!
地元の人が読んでも納得の、本当に美味しいお店が厳選されてます。

◆関連リンク
最近、あんこに目覚めてきた。何度でも食べたい。あんこの本・姜 尚美
「不思議とくせになる味」、「なぜだかいくらでも食べられる」と地元の人が大量買いして帰っていくと言う「ぎょうざの丸岡」をお取り寄せしました。
マツコの知らない世界で紹介された 大分・からあげ「鳥しん」をお取り寄せしてみた
自宅で大量に「から揚げ」を作るための揃えておきたい道具  山田工業所 中華鍋 穴明 柳宗理 ステンレスボール ステンレストング グレープシードオイル
話題の「大阪王将」餃子&チャーハンをお取り寄せしてみました

広告を非表示にする