softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

天下の豊臣軍にケンカを売った 、でくのぼう「のぼうの城」野村萬斎

歴史が得意で無い私は「秀吉が、唯一落せなかった城」と聞いても「ふーん」という程度。

主人公成田長親野村萬斎さんが演じていますが、主人公を知らないありさま。

でも映画は娯楽として楽しみめました。


のぼうの城 通常版 [Blu-ray]
天下統一目前の豊臣秀吉に唯一残された敵、北条勢。周囲を湖で囲まれた「浮き城」の異名をもつ「忍城(おしじょう)」もその一つ。そんな中、忍城ではその不思議な人柄から農民たちから“のぼう様(でくのぼうの意)"と呼ばれる、成田長親(なりた ながちか)が城を治める事に。長親に密かに想いを寄せる甲斐姫(かいひめ)。戦に強く「漆黒の魔人」と恐れられる丹波丹波をライバル視する豪傑・豪腕の和泉(いずみ)。`軍略の天才'を自称する若侍、靱負(ゆきえ)。迫りくる天下軍に緊迫する仲間たちを前に、「北条にも、豊臣にもつかず、皆で今までと同じように暮らせないかなあ~」と呑気な長親だが・・・。
武将として名を挙げる事に闘志を燃やす石田三成は、秀吉より預かった2万の兵を進め、忍城に迫る。やむなく降伏することを覚悟する忍城軍。しかし三成軍のなめきった態度に、長親が思いもよらない言葉を発する。「戦いまする」そして、誰の目にも絶対不利な、たった500人の軍勢対2万の大軍の戦いの火ぶたが切って落とされた!

【キャスト】
野村萬斎佐藤浩市榮倉奈々成宮寛貴山口智充上地雄輔山田孝之、平 岳大、市村正親、西村雅彦、平泉 成、夏八木勲中原丈雄鈴木保奈美、前田 吟、中尾明慶尾野真千子芦田愛菜

ぐっさんこと山口智充さんが男くさくなりがちなキャラ柴崎和泉守を軽快に演じてて、酒巻の成宮寛貴さんとのやりとりが微笑ましく見れてよかったです。

はて?と思う場面や、うそーん、と思う場面もありますが、ファンタジーと思って見れば楽しめました。


のぼうの城 上 (小学館文庫)
戦国期、天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じた。そのなかに支城、武州忍城があった。周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。秀吉方約二万の大軍を指揮した石田三成の軍勢に対して、その数、僅か五百。城代・成田長親は、領民たちに木偶の坊から取った「のぼう様」などと呼ばれても泰然としている御仁。武・智・仁で統率する、従来の武将とはおよそ異なるが、なぜか領民の人心を掌握していた。従来の武将とは異なる新しい英傑像を提示した四十万部突破、本屋大賞二位の戦国エンターテインメント小説。

カバー装画は、単行本に続き、カリスマ漫画家、オノ・ナツメ氏に描いてもらいました。上巻は、単行本時と同じ、「のぼう様」こと成田長親、下巻は、描き下ろしの石田三成。上下巻を合わせると、どこかクールなのに迫力に満ちた両雄が激突するような絵柄が立ち上がってきます。

広告を非表示にする