softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

今年の正月はローソンを利用してみた(1)、厚切りカツサンド、炭火てりマヨチキンバーガー、はみでるメンチカツ、やきそばロール、お好み焼きサンド、サシャのお肉など


堕落的な正月を予感させるスナック&惣菜パンのスナップ

ローソンを利用したのには理由があって、近所の新しいローソンにカツサンドが販売されていたのを見て「近所のパン屋さんの商品を置いてるのかなぁ」と思っていたんですね。

そしたら「まちかど厨房」というローソンの店内で作ってる商品なんですって。

食べてみよう!ってことで買ってきたのでした。


こちらが「厚切りカツサンド 398円」

しっとり柔らかな食パンに厚さ約20mmの1枚肉のロースとんかつを野菜果実の美味しさたっぷりの特製ソースをはさみました。

ボリュームがあって、食べ応え抜群。ソースがちょっぴり辛目で美味しい!

使用されている食パンも美味しいです。

最初は398円高いと思いましたが、その価値ありまっせ!

一緒に「炭火てりマヨチキンバーガー298円」も買ってきました。

こちらもなかなか美味しいですが、バンズがパサついていていまいち。


「はみでるメンチカツ 130円」は迫力があったので買ってみました!

バンズがカレーパンのような揚げパンになっていて、メンチカツとのくどさとバンズのくどさが際立つ!

濃いものを食べたい人は好きだと思います。

私はお値段の割に悪くないと思いましたけど、食べる人を選ぶでしょうね。


やきそばロール 130円はスパイシーソースが効いていて美味しかったですが、パンがイマイチ。

お好み焼きサンド150円は中身に焼きそばが入っていて、惣菜パンとしての満足度はそこそこ高かったです。


ずっと気になっていた「おやつごろ。サシャのお肉 あぶりバーベキュー味 105円」東ハト

これはヤバかった。。。

あぶりバーベキュー味ってあったけど「ケチャップ」味と言っても過言では無いかと。

お肉のカタチをイメージしたスナックの形状も理解に苦しむ「渦巻き型」で、進撃の巨人ブランドを展開している方、これでいいのか!?

期待度が高すぎたのかなぁ。

「サシャの肉、うめー!」って叫びたかったわ。。。残念。


コンビニで先行発売されている亀田 くちどけハッピーターンはリピ買いでした。

「くちどけ」のイメージだとスッと溶けるのかなぁと思ったけど、そこまではくちどけではありませんでしたが、あまじょっぱさが美味しいです。

発売は2014年1月13日のよう。


亀田 くちどけハッピーターン 30gX1箱(10入)
おいしさの秘密は、さくさくす〜っと溶けていく、やさしいくちどけ。お口の中でハッピーターンのあまじょっぱい味わいがなめらかに広がります。

ポリッピー スパイスは間違いのないおいしさ

小袋も売られてたけど、大袋のほうを選択


でん六 Eサイズポリッピースパイス 60g×10個

おつまみ堅揚げポテトはピーナッツも入っていて、濃い目のしょうゆ味が美味しい〜。

亀田製菓「しゃり蔵」はシンプルな塩のおいしさがいいですね。

ギザリッチの大袋があったので思わず購入したのですが、今までどうしてこれが無かったのか!


フリトレー リッチギザ 濃厚BBQ味 65g×12個

あとおにぎりの「おかか」って人気がありますよね?

「おかか」をいつも買いたくても、売り切れになっています。

今回は最後の1個をゲットできました。

かつお節のことを「おかか」と言うんですが、知らなかった人がいましたよ〜。

おにぎりを「おかか」って言うのは女房言葉だからだと思われます。

女房詞とは、室町時代初期頃から宮中や院に仕える女房が使い始め、その一部は現在でも用いられる隠語的な言葉のこと。



これらをお正月に駆逐してやりましたとさ、というお話でした。