究極の玉の輿。6人の妻を得たエリザベス1世の父・ヘンリー8世と「ブーリン家の姉妹」

映画「ブーリン家の姉妹」を見ました。

姉妹を演じるのは姉・ナタリー・ポートマン、妹・スカーレット・ヨハンソンで、ふたりの共演に興味がありました。

ふたりの共演はとても素晴らしく、ナタリー・ポートマンの役は、いろいろな出来事を経て性格が変わってゆくのですが、それを見事に演じてて見ごたえがありました。

最後のほうはどん引きするくらいの気迫があります。

スカーレット・ヨハンソンの演技がまた姉役を引き立てていて素晴らしいです。


ブーリン家の姉妹 コレクターズ・エディション [DVD]
時は16世紀イングランド。20年にわたる結婚で皇女メアリーしかもうけることが出来なかったヘンリ
ー8世(エリック・バナ)は、男子の世継ぎを産むための愛人を探していた。
一族の富と権力を高めるため、新興貴族のブーリン卿は自慢の娘アン(ナタリー・ポートマン)を差
し出す。しかし、王が見初めたのは清純で心優しい妹のメアリー(スカーレット・ヨハンソン)だっ
た。王の寵愛を射止めるのは2人のどちらなのか…。
断頭台の露と消えた悲劇の王妃アンと、知られざる妹メアリー。ブーリン家の2人の姉妹の間で繰り
広げられた熾烈で華麗なバトルに隠された愛の真実とは? いま明かされる、エリザベス1世誕生の
秘密がここにある!

この映画を見ると、ヘンリー8世の所業を目の当たりにしたエリザベス1世が極度の男性不信に陥っていたためとする説が強いのもうなずけます。

「恋」の為なら、先の関係のあった女性がどうなってもいいんだ!って驚きました。怖いわ、ヘンリー8世

そして幸せって何なんだろうなって考えさせられます。

イギリスの歴史を「ブーリン家の姉妹」で感じてみてはいかがでしょうか。

あっとう間に終わったという感じで、中だるみは一切感じず、驚くほど集中して見てしまいました。


ブーリン家の姉妹 (上) (集英社文庫)


ブーリン家の姉妹 (下) (集英社文庫)