全国に7店舗しか無い大阪・くずは「モスカフェ」に行ってみた


関西初店舗の全国に7店舗しか無い大阪は樟葉にある「モスカフェ」に行ってきました。

事前にモスバーガーのHPを見たのですが、モスカフェの詳細情報が見当たりませんでした。

モスカフェって何?

食べログを見ると、オリジナルメニューがあることはわかりましたが、それ以上のことはさっぱり。

モスカフェのレジに行くと、ショーケースに「カップケーキ」が並んでました。


メニューはこんな感じで、バーガー類は通常のモスバーガーよりも品数が少ないです。

モスカフェのオリジナルごはんメニューは

「チキンとアボカドのごはん 720円」
「ハンバーグご飯 680円」
「カフェの黒カリー(サラダ付)650円」
「えびとアボカドのコブサラダ 580円」
「クリスピーチキンのシーザーサラダ580円」

これにプラスして、カフェドリンクセット350円、スープセット300円etcです。



驚いたのは「ホットドック」が無く、質問してみると、モスカフェでは朝メニュー限定となっているとのこと。

なぜ!?朝限定なの?食べたかったのに。。。。(ソーセージがリニューアルされたと聞いていた)

もちろんカレーナンドックなども無く。

ホームページに情報を掲載して欲しい、、、。

席は写真のようにカフェっぽい感じで全体的に落ち着いた雰囲気なんですが、壁際のソファ席にエアコンの冷房が直撃するという造りになっていて、どうりでみなさん真ん中に座っているわけです。


注文したのは4月から味がリニューアルされたと聞いた「モスバーガー」「テリヤキバーガー」、その他に「海老カツバーガー」「テリヤキチキンバーガー」です。

店員さんが運んできてくれて、モスバーガーと同じくバスケットに盛られてきました。

モスバーガー」はソースも新しくなりましたが、パテも牛肉100%に変わったそう(以前は牛と豚)

んー?ソースが異常に少ない。

以前のモスバーガーならソースがたっぷりで美味しかったのに。

以前のほうが美味しかったなぁ。

あまりに不思議だったので、後日、別の店舗でモスバーガーを食べ直してみました。

めちゃくちゃソースたっぷりで、量は以前と変わってない!

むぅ。

ソースたっぷりのモスバーガーはトマトが引き立って美味しかったです。

バンズが以前より美味しいけど、もっと昔のバンズのほうが好きだなぁ。

今のはバンズ自身は美味しいけど、全体のバランスを考えた時に脇役がでしゃばってるん感じがするんですよ。

「テリヤキバーガー」は苦手なバーガーだったのですが、美味しくなってました。

甘いタレなんですけどしつこくなくてあんかけ肉団子みたいな感じです。

モスカフェに行っておいて、モスカフェのメニューを食べて無いというw

モスバーガーのソースを使ったスパゲティ」「テリヤキチキンをごはんで頂く定食」「ミックスフライ(海老、フィッシュ、ローストンカツ)定食」などであれば興味をそそられたかも。


フレッシュネスバーガー手づくり創業記 (アスペクト文庫 B 9-1)
ほっかほっか亭〉の創業者の一人でありながら、「面白いこと」をやりたくて退社。 たった一人で、ハンバーガー屋を開店した起業家のドキュメント!
大企業の重役室に収まり、会議ばかりの日々に虚しさを覚えていた「僕」は、ある日、格安の不動産物件に出会い、一目惚れ。自腹を切って、一人でハンバーガー屋を作ってしまう。会社が終わると、「僕」はハンバーガー屋のオヤジに変身。かくして、フレッシュネスバーガーが誕生するのだが、それは物語の始まりに過ぎなかった。


サンドイッチの発想と組み立て
サンドイッチ好きなら眺めてうっとりな本
世界7カ国、2つの地域から25メニューを選び、そのルーツ、作り方のポイント、アレンジ方法まで幅広く紹介。