softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

MO673 Trail Walking 野口健氏監修 アウトドア シューズ製品 New Balance ニューバランス (感想&評価)その2


去年の11月に購入したニューバランスゴアテックスを使用したアウトドアシューズ、MO673の感想です。
まず「軽い!」歩いていて苦になりません。長距離歩いても足が疲れません。タウンユース&ウォーキングの履き心地はとても気に入っています。ただ、長い階段を上った時に、少しグリップ力が足りないように感じました。私は登山をしないので、これは歩き方によるものなのかもしれません。確か登山特有の気をつける歩き方ってありましたよね?
靴のブラウンが、手持ちのパンツよりだいぶ明るめなので、色褪せるのを待っているのですがなかなか褪せません。登山をするならこれくらい明るい色のほうが良いのでしょうけれどね。トボトボと靴の後ろをついていたら、かかとの赤色がとっても見やすく目印にしやすかったです。


[ニューバランス] new balance new balance NB MO673
ニューバランスの伝統的なデザインをスエード素材で仕上げたミッドカットモデル。防水・透湿性に優れたGORE-TEX!、卓越したクッション性を発揮するABZORBを装備し、2ウイズ、ユニセックスサイズで登場。
ニューバランスの伝統的なデザインのもと、アッパーに防水・透湿性に優れたGORE-TEX®、ミッドソールに卓越したクッション性を発揮するABZORBを採用したミッドカットモデル。
重量約470g
日本が誇る最高峰のアルピニスト野口健氏監修のもと、軽量、通気性と高いグリップ能力を併せ持った「MO673」が登場しました。
夏の富士登山レベルでも快適に登山出来る1足になっています。

気になるゴアテックス機能ですが、普通の雨なら特に問題はなく、快適に歩けています。
先日、土砂降りの日に上着、パンツ共にゴアテックス装備で1時間程度ウォーキングをしました。歩いていると段々、ひんやり、としてきましたが、帰宅して靴を脱いでみたところ、雨水の浸透は見られず、靴下も濡れていませんでした。足先が冷えたのかな?少し気になるところですが、その日の雨は強く、とても寒い日でしたから、商品の「夏の富士山レベルでも快適に登山できる」と説明にあるように、冬の寒い日の土砂降りには向いていなかったのかもしれません。でも、これで値引きされて1万円程度で購入できるゴアテックス&登山シューズとしては非常にお手頃ですし、デザインや質感も良く、機能、コスパともに優れた商品だと思います。気に入って履いてます。


[ニューバランス] new balance new balanceNB MO703H 4E
アルピニスト野口健モデル(NEW2014)
卓越した軽さと優れたフィット性を追求したトレイルウォーカーに新色登場。GORE-TEX®、ビブラムアウトソールなどハイスペックな装備を満載し、ビギナーから経験者まで幅広い層のニーズに応える春夏シーズンの男性用マストアイテム。 ヒマラヤマナスルの地図をさりげなくデザインに取り入れている。可能な限り自分の足に合うように足幅2E,4Eサイズを用意。

レブライト、驚異的な軽さを誇るミッドソール素材。クッション性と軽量性に優れたACTEVAより約30%もの軽量化を達成しながら、確かな耐久性と心地よいクッション性を提供し足首を守ってくれる。

■関連リンク
MO673 Trail Walking 野口健氏監修 アウトドア シューズ製品 New Balance ニューバランス その1 購入した感想