ロティサリーチキンサラダ 感想&評価 コストコ


コストコではじめて見た「ロティサリーチキンサラダ」を購入しました。
パッと見て「サラダ・・・?」というくらい葉物が少なく肉が多いので、先のカップルは購入するのを見合わせていました。アメリカのレストランに行きますと、サラダを頼んでもトッピングのチキンが大半をしめていることが多いですよね。そういう意味で言えば、大変アメリカンなサラダだと思います。また。トッピングされたミニのニンジンが目を引きます。彩りのことを考えてのニンジンであれば、トマトのほうがうれしい、と思ったのは私だけでないはず。生ニンジンがごろん、とあるのはみなさん微妙に感じているようでした。また、付属のプラスティックのフォークでは刺して食べることができないという食べにくさ。無理に刺そうとして、皿から飛び出たニンジンを家族から冷ややかな目で見られてしまいました。あのフォークは取り分け用についているのだろうか。
いつも鳥一羽の丸焼きがロティサリーチキンとして販売されているのですが、どうやらそのチキンをほぐして使用したサラダのようです。ロティサリーチキンは塩気がキツイのですが、それがマヨネーズとセロリのみじん切りと混ぜあいサラダになることで緩和されて、美味しいです。シーチキンサラダに近いですがオイルが無い分、ヘルシーな感じがします。コストコで見るとさほど大きくも感じませんが、家で皿に盛りつけてみると結構なボリュームです。そのうち食べ飽きたら、パンにはさんでサンドイッチや、トーストと一緒に焼いても美味しそうです。

■関連リンク
コストコで購入した材料で、ずわい蟹のクリームスパゲティを作る
世界一の朝食を作る男ビル・グレンジャーの「絶品スクランブルエッグ」

OXO クリアサラダスピナー(小) 1201580 片手でノブを押すだけでカゴが回転して水切りができる。バスケットとボウルは別々に使用できる。