softcandy’s blog

ノースフェイスを中心にアウトドア系ファッションの街着レポート。BOSEのヘッドホンからコンビニまで購入したものを紹介しています。

病気の高齢猫に美味しい食事を作る方法 イワタニ ミルサー800DG


高齢猫が病気になり、食欲はあるものの固形物を食べると嘔吐してしまうようになってしまいました。しかも、猫は巨大結腸症(便秘)なので、食べさせてあげれるご飯はロイヤルカナン 消化器サポート(可溶性)のみ。ロイヤルカナン 消化器サポート(可溶性)にウエット食事である缶詰はなく、ドライフードのみ。そこで、ロイヤルカナン 消化器サポート(可溶性)を使用して猫の食事を作ることにしました。

■ドライフードを粉末にして、ウエットフードを作る
ドライフードをウエットフードにするにあたり、イワタニ ミルサー800DGを使用しました。付属の「ミクロン容器」を使用すると見事な粉末が出来ます。どれくらいのお湯で溶かすかによりますが、うちはペースト状でも嘔吐してしまう原因になるので、ジュース状にしています。3gに対し60mlのお湯で作ります。その為、粉末が細かければ細かいほど、お湯とよく溶け合うので猫の食いつきが違ってきます。またミクロン容器には蓋がついているので、そのまま保存容器にできるのも便利です。でもミクロン容器はガラスではないところが残念です。ミクロン容器を使用しなくとも、ガラスの容器(小)でもそれなりに細かくすることが出来ます。
イワタニ ミルサー 800DGの素晴らしいところは、耐熱ガラスの容器です。お湯を入れても大丈夫なのと、ニオイが付きにくいのが良いです。赤ちゃんの離乳食に利用されている型も多いです。また音はそれなりにしますが、マジックブレッドに比べたら静音です。粉塵にしたり、食事を加工するのであればマジックブレッドよりも、イワタニ ミルサー800DGのほうが優れていると感じます。マジックブレッドで作っていたときは粉末が荒かったので食いつきが悪かったです。


イワタニ ミルサー IFM-800DG 毎分2万回転の粉砕力!連続使用5分間モーター
・モーターが強力なので、ミルサーのカッターには刃が付いていない。刃こぼれの心配がなく、いつまでも安心して使える。また手を切る心配がないので、お手入れも安心
・ミクロン容器を使えば、より細かなパウダーを作ることができる


左のドライフードをミルサーすると、こんなに細かい粉末になります。粉末をお湯でふたたびミルサーしてご飯の出来上がり!粉末にせずにお湯とドライフードを同時に入れると、ドライフードの一部が塊のままになることがあります。

■感想&評価
猫の缶詰は割高で、特に病気のときにあげるような高カロリーで消化を考えられたような缶詰は高価です。一時的なものなら、缶詰を使用するほうが便利かもしれません。しかし、1ケ月〜と長期になってきますと費用負担が大きくなります。また従来使用していたフードを利用すれば、元気になったときはそのままドライであげればよいので無駄もでません。
我が家の猫の場合は、限られたドライフードしかあげられないこともあり、このような方法で食事を作っています。気をつけているのは、ご飯の水分の量が多いため食べる量に限りがあり、念のためにロイヤルカナン 免疫サポートを補助食としてあげています。この作り方にしてから、自分でザブザブと飲んでくれる回数が増えました。食べない場合はシリンジで促すと食べてくれます。それでも食べない時はビオベテリナリーをシリンジの先につけると食べてくれます。

■関連リンク
高カロリー・栄養豊富な食事が必要な猫のために液体ごはん ロイヤルカナン 犬猫用 高栄養・免疫サポートパウダー
(犬・猫)最近、食が細い、水をあまり飲まないなど、そんなことで悩んでいませんか?ビオベテリナリー
猫が便秘で苦しんでいたら!ごはんを変えましょう。ロイヤルカナン 消化器サポート(可溶性繊維)
犬猫用ポカリスエット。熱中症予防や水分不足にロイヤルカナン 電解質サポート。
吹きガラス職人こまつさんと愛犬ムーコの日々「いとしのムーコ」みずしな孝之