簡単なのにローマの一流レストランの名物パスタが作れちゃう!「ブーロ・エ・パルミジャーノ」アルフレッド・アッラ・スクローファ  ブーロエ


ローマにあるアルフレッド・アッラ・スクローファというレストランにある有名な名物パスタ料理に「ブーロ・エ・パルミジャーノ」があります。
材料に

・パスタ 100g
パルミジャーノ 大さじ1杯
・バター 15g
・塩 適量

この4点があれば出来るというシンプルなもの。アルフレッド・アッラ・スクローファで食べてみたいけれど、今すぐローマに行くというわけにもいきません。ぐぅっ。そこで自宅で作ってみました。

柳宗理 パスタパンで塩を入れてお湯を沸かします。ほんのり塩味のするお湯にして下さい。後でソースに入れるので塩味が濃いとしょっぱくなります。湯が沸騰したらパスタを100g(1人前)を茹でます。
左のコンロにはビタクラフト コロラド 片手鍋 にバターを15g(1人前)を溶かします。焦がさないように気をつけて下さい。不慣れな人は火を消して余熱で溶かすと失敗がないですよ。色がほんのりブラウンになるとコクが出ます。バターが溶けたら、パスタの茹で汁(湯)を70g(70cc)入れて溶かしバターと馴染ませます。順番を間違えると、分離しちゃって全然違う料理になってしまいます。

そうそう、湯を沸かしている間にパルミジャーノや、お皿を用意しておきましょう。

パスタが茹で上がったら、バター&茹で汁のソースにからめます。この時、火は切ってます。それからパルミジャーノ大さじ1杯(15g)を投入し、これまた素早くからめます。


からめ終わったら、お皿に盛り付けます。からめるにも、盛りつけるにも柳宗理のトングはしっかりパスタをつかむので便利です。形状もシンプルなので洗いやすいですよ。


お好みでブラックペッパー、パセリをふりかけてブーロ・エ・パルミジャーノの出来上がり!ついでにパルミジャーノもパラパラっと追加してみました。

                                                                                                                                    • -

■感想
ルフレッド・アッラ・スクローファのブーロ・エ・パルミジャーノは、見た目がもっとドローッとしていたように思います。パルミジャーノの種類に違いがあるのかもしれませんね。今回使用したのは粉チーズになっている「Zanetti ザネッティーパルメザンパウダー 」です。自分ですりおろしてその都度食べる塊のパルミジャーノを使うと、より美味しいかと思います。
はじめてブーロ・エ・パルミジャーノを食べてみたのですが、とても美味しいです。卵黄とベーコンを足せばカルボナーラな味になると思います。
パルミジャーノって、購入したものの結構たくさん入ってて、いつも脇役なのでいつまでも消費できなかったりしませんか?ブーロ・エ・パルミジャーノは冷蔵庫にパルミジャーノとバターさえあれば出来るので、いざってときの料理としても活躍しそうです!

後日、ベーコンを足してみました。これも激ウマ!

                                                                                                                                      • -

■関連リンク
GAROFARO ガロファロ スパゲッティ VS ディチェコどっちが美味しいのよ?
噴きこぼれないパスタパン(柳 宗理)を愛用中
コストコで購入した材料で、ずわい蟹のクリームスパゲティを作る


柳 宗理 ステンレストング パスタやサラダの取り分けに便利。ギザギザが無いので洗いやすい&人前でも使えるデザインの美しさ!


Microplane フードグレーダー クラッシックシリーズ ゼスターグレーター MP-001 アメリカの木工ヤスリメーカーがその独自の技術で作った鋭い刃。粉チーズ・チョコレート・レモンをすばやくパウダー状におろせます


4面チーズグレーター 073984 これひとつで4種類のおろし方ができる4面チーズグレーター。粉チーズ用細目、極細、細切り用、薄切り用とお料理の用途に合わせて使い分けていただけます



トラットリアMOCO きみと食べたいイタリアン 現地のホテルのレストラン、トラットリア、一般家庭まで、本場のレシピも特別公開します 速水もこみち