ミスタードーナッツ姉妹店「蒸しどーなつ和っ花」に行ってきました


大阪・心斎橋に2011年2月17日にオープンしたミスタードーナッツの姉妹店「蒸しどーなつ和っ花」に行ってきました。店内で食することができ、注文してから泡立てる抹茶なぞ、店内でしか楽しめないメニューもあります。黒蜜がついているので、抹茶が苦くて飲めない人は入れるといいでしょう。店内と持ち帰りと別れているわけではなく、注文するレジは同じ。先にお会計を済ませてから奥のカフェスペースに行きますが、混雑してくるとルールがわからないお客さんがカフェに直接入ってきてしまい、、、案内が追いつかないので、お客さんが「?」と待っていたり、お茶するスペースが二人向けで作られてない所が広く、一人席に隣り合って座らなければならない人々もおり、お客さんが期待するサービスと、お店のコンセプトがマッチングしてない印象でした。テーブル向かいに座った夫婦は、随分待たされたようでイライラ〜、終いには「いつ出てくるんですか!?」と切れ気味。うわ〜。多分、抹茶を泡立てるのに時間がかかっているのでしょう。そしたら、そのうち商品が運ばれてきて、夫婦は黙々と食べて出て行かれました。


お店の方に「何がおすすめですか?」と聞いたら「店内限定なのでこちらがおすすめです!」と言われた一品。メープルシロップをかけて食べます。美味しいけど、蒸しどーなつの店に来て、どうしてこれを食べたのか、自分でもわからなくなりました。上写真のどーなつは、ドーナツによくかかっているグレーズだと思ったら、「白あん」でした。あぁ、、、、白あん、嫌いなんだよねぇ。選んだメニューが自分の好みではなかったせいか、いまいち気分が盛り上がらず、店を後にしました。場所はクリスピークリームドーナツの近くで、ドーナツ対戦か!?と思いましたが、和菓子のような和っ花のどーなつは全然別ジャンルという気がしました。