最大8枚レンタル無料をツタヤで利用してみたレポ vol.2(私がクマに切れた理由)(プラダを着た悪魔)


前回に書いた記事からのその後。DVDが届いたので、そのときに感じたことを書きとめました。

                                                                                                                                                                  • -

【よかったところ】
・お手紙のような小さなサイズ。ポストに投函されていたので不在でも受け取れるところ
・送られてきた封筒を再利用して、簡単に返却できるところ
・クリーニングがきちんとされていてキレイ

【悪かったところ】
・二枚一組で送られてきて、返却しないと次の分が送られてこないところ。例えばドラマを借りて、まとめて週末に見たくても無理。

                                                                                                                                                                  • -

■送られてきたDVDを見た感想


舞台はニューヨーク。自然史博物館が登場するなど、ニューヨーク好きにはたまらないと思いますし、メリーポピンズを彷彿とさせる赤い傘でふわふわとセントラルパーク上を飛ぶ演出も面白いと思います。またスカーレット・ヨハンソン扮する、「アニー」が「ナニー(子守)」と間違えられ、仕事を手にする件もユーモアがあったり、随所に笑える皮肉が散りばめられています。アッパーイーストに住む上流階級の人々はお金持ちだけれど、決して幸せではない、という生活をアニーが感じとり、自分は将来どうなりたいのか考え、成長していく姿をスカーレット・ヨハンソンがキュートに演じていたし、ミセスXのキャラも立っていて、面白かったです。私がクマに切れた理由おすすめです。

                                                                                                                                                                  • -


こちらも舞台はニューヨーク。アンディはジャーナリストを目指していて、ランナウェイという車雑誌だと勘違いして受けた面接で、ファッション雑誌の編集長のアシスタントに採用される!みんなの憧れの職業だと言うが、果たしてそうなのか・・・?というストーリー。
アンディがめきめきお洒落さんになって行く様子は見てて楽しいし、アン・ハサウェイが、かわいい。プラダを着た悪魔という題名のように、編集長の態度は悪魔のように横柄で、みんなが超びびっている存在なのだけど、メリル・ストリープの演技が抜群のあまり、可笑しくて仕方ない!!声のトーンや話し方だけで、ぎゃー!イライラするー!っていうキャラクターを見事に表現してるし、「口をすぼめる」場面では笑ってしまいました。この編集長の良い所は、評価をきちんとするってこと。だから業界的にお弟子さんを育てるという感じなのか、その編集長の態度が酷いのはそれくらい出来なきゃここで残ってやってけないわよ、ということなんだろうと好意的に見れました。他のキャラも「意地悪」や「足をひっぱる」っていう醜い争いをしない為、そこは気持ちよく見れたのも良かったです。
しかし、肝心のアンディが、、、後半でちょこちょこ共感が持てなかったです。ファッション好きな女性におすすめです。

                                                                                                                                                                  • -

今度送られてくる二枚は、、、「ホリディ」「のだめカンタービレ 最終楽章 前編